TerrestrialGarden Top > コピー本の作り方 > 恥を忍んで晒します……


恥を忍んで晒します……


 ここに1冊のコピー本があります。
 実はこれ、「CELESTIAL ROOMS」が一番最初に発行した「平綴じコピー本」なのです……。(恥)

 何故、これを出してきたかというと、「何年か経って、平綴じコピー本は物理的にどうなったか。どう変化したか」というケースを提示するためにと思いまして……。
 身近に同じように本を作ってる人がいればそっちを引っ張り出したいところですが、いかんせん、こんなことをするのは私の周りでは「私ぐらい」なもんで……。



 ちなみに発行日は1997年の8月。ジャンルは……ここでは関係ないので勝手に推測してください。(見ただけでは多分分からない。)
 表紙込みで24Pの本でした。(遊び紙付き。)

「Life2」表紙

「Life2」裏表紙


 表紙はレザック76。それにモノクロコピー。カラーになっている部分はカラーコピーしたものを貼っています。
 表紙のタイトルと裏表紙のサークル名は写真だと反射してしまい分かり難いですが、メタルピンク系の色になってます。これは「プリントごっこ」でやったもの。
タイトル部拡大

サークル名拡大。今も昔もフォーマットは変わっとらん……。

 実はこのタイトルのインク、表紙を捲った部分に付いている遊び紙にも付いてます。
「表紙だけじゃもったいないから〜」
 分っかりやすいですな。(笑)
 あとは中表紙が表紙の鉛筆ラフなので、表紙と同じような効果を狙ったというのもあるか。
遊び紙

遊び紙のタイトル

 中身は普通のコピー用紙と、色上質紙。特別な作りをしているわけではございません。


 ちなみに、これで使った両面テープは毎度お馴染み「NICHIBANナイスタック」の5mm幅のもの。
 この写真を撮ったのが2003年の8月ですから、あれから6年……うわっ、6年も経っているのか……。
 ま、6年経っても粘着力も質も変化はないみたいだよっと。
(両面テープの実験で、「強力タイプじゃない普通のナイスタック」は若干粘着力が弱いという結果が出たものの、薄い本ならそれほど問題ないようだぞっと。)
結構無理矢理引っ張ってます

微妙に剥がれてきましたが、もう一度押さえ直したら直った


 とりあえずほったらかしにしてましたが、分解等はしてない模様。


 この本を作ったときには、まさか今みたいなことになるとは思わなかったけどな……。(分厚いコピー本出したり、こんなサイト作ったり……。)


 
コピー本の作り方・トップへ戻る
Top
>> 平綴じコピー本のきっかけ
Back
>> A3インクジェットプリンタ
Next


Hr11a-LightBrown

Terrestrial Garden - Top

Hr11a-LightBrown

Copyright (C) Since 2002
Shiho Tojo/Terrestrial Garden/CELESTIAL ROOMS
All Rights Reserved.

counter