TerrestrialGarden Top > コピー本の作り方 > 修羅場中の風景 2002年冬


修羅場中の風景 2002年冬


これは2002年の冬コミ前、
「RomanticGarden6」修羅場の風景。

いつもより分厚かったのにもかかわらず、
「冬コミ開催日」から考えると、
それほど切羽詰った感じではなかったのですが
実は「宅配搬入期限」に迫られてました。
(↑厚過ぎて自力搬入したくなかった。)


「RomanticGarden6」のカバーをプリント中。A3対応プリンタなのでデカイです。普段はMacの上のかなり狭い空間に置いてあるんですが、A3用紙を使う時には紙が折れるので下に降ろします。
カバープリント中
 乗せているのは、実は折り畳みパイプ椅子の上。なので安定が悪く、ビニール紐で縛る強攻策に出る風景。
 高さが丁度よく、プリントし終わると、紙の重さでそのままストンッとファイルボックスの中に落ちるようになってます。その後、折れたり丸まったりしないように、A3のカッターマットも入ってますが。


 刷り上がったものは片っ端からトンボに添って裁断。そして折り返しの部分を折る。
 ただ、ひたすら同じことを繰り返すだけ。
カバー作り


 プリント時に使用するレイアウトメモの実物。前は手書きだったものの、「自分が読めない」というマヌケな状況のため、フォーマットを用意するに至る。(アホだな。)
レイアウトメモの実物
 十字のセンターに寄ってる丸ゴシック数字が、実際に本になったときのページ数、その横のカッコの中にそのページのデータが「何というファイルの何ページ目か」というのが書いてあります。
 プリントし終わったらドンドン横線で消していくので、本が出来上がる頃には大変なことになってたりします。


 何はともあれトナー様。(笑)
 インクジェットのインクとは違い、一部が透明で中身が見えるわけではないので、一体いつなくなるか分からないスリルと戦うくらいなら、修羅場前には必ずストックを常備。(笑)
トナー様


 こちらはトナー交換中にカバーを開けて放熱中。冬だろうと何だろうと、ずっと使い続ければ中だって熱くなるわい。
 この写真のポイントは、冬なのに「扇風機」があるあたりでしょうか。(笑)
ポイントは端に見える扇風機


 コピー誌作りにおける、フォルダボックスとクリアファイルの使い方。(笑)
 これは折ったものをページごとに突っ込んだだけです。
 まあ、部数が多かったり、ページ数が多いとボックスが部屋の中に延々と並び続けたりしますが。
フォルダボックスとクリアファイルの使い方


 
コピー本の作り方・トップへ戻る
Top
>> 修羅場中の風景 2002年夏
Back
>> 修羅場中の風景 2003年春
Next


Hr11a-LightBrown

Terrestrial Garden - Top

Hr11a-LightBrown

Copyright (C) Since 2002
Shiho Tojo/Terrestrial Garden/CELESTIAL ROOMS
All Rights Reserved.

counter