TerrestrialGarden Top > コピー本の作り方 > 凹凸のある紙のラミネート


凹凸のある紙のラミネート


凹凸のある特殊紙に「なんちゃってPP加工」をすると
気泡が入るんじゃないかな?っと。

まあ、様々な状況にもよるかもしれないけど、
とりあえず実験。


マーメイド
 「凹凸」とは言っても、その凹凸具合がなんだか微妙な用紙、それがマーメイド。汎用性は高く、メジャーだが、それ故にデザインによって良くも悪くもなる紙。
 見難いとは思いますが、矢印付近に若干気泡が見られます。
 気泡が入っている部分は全体的に見ればたいしたことではないと思います。
 が、ラミしたてはいいとしても、もしかしたら時間の経過とともにフィルムが浮いてくる可能性はあるんじゃないかと。
マーメイド


江戸小染はな
 「江戸小染」という用紙にはいくつか種類がありまして、その中でも割りとポピュラーな用紙「はな」を。(他には「うろこ」と「かすみ」等がある。)
 名前の通り、ポツポツと付いてる花が曲者。
 しっかりと凹凸が付いているため、気泡はしっかり入りました。矢印を付けるまでもなく目立つ。
 ちなみにこちらがラミ前の江戸小染・はな。


あららぎ
 和風な感じの用紙。どう説明したらいいのか迷うんだが、何となく麻っぽい感じの用紙。
 筋の部分に気泡あり。矢印を付けるまでもなく目立つ。


レザック75
 同人をやってなくても何処かでお目に掛かったことあるような用紙。それがレザック75。学校の「住所録」とか、「旅のしおり」とか……。(ちなみにレザックは「66」「76」「80」「82ろうけつ」「96オリヒメ」等がある。)
 レザック75独特の筋の部分、特に段差が大きいところに気泡が入るよう。マーメイドよりは目立つが、江戸小染等よりは目立たない感じ。
レザック75


レザック80
 細い糸を縦(?)に並べたようなのがレザック80。
 筋の間の部分に気泡が入るが、そんなに目立ってないかと。レザック75とトントンくらい。
レザック80


レザック96
 格子の形に凹凸があり、触った感じも厚みのある用紙。それがレザック96。
 問題外!気泡入りまくり。矢印を付けるまでもなく目立ちまくり。
 個人的にはこの用紙はそのままインクジェット等でプリントして、ちょっとぼやけた感じの表紙向きかも。(しかしレザック96は濃い色が多いような気がする。)
レザック96


結論
 「凹凸のある用紙にラミネートするのは止めておけ」
 気泡が入ると、表紙のデザインが台無しになる可能性が高いです。だったら始めから「その紙の特性を活かした表紙」を作るほうがいいと思います。
 ラミネートする分だけ確かに紙は厚みを増して、保存性も高くなるとは思いますが、気泡一つでデザインを台無しにしかねないだけに、ちょっと危険かと。そもそもそれは「圧着」させることに意味がありますから、気泡が入るということでその意味は薄れることですし。
 「保存性を高めるためにどうしても」というのであれば、表紙とは反対側(つまり表2、表3側)にすることをお奨めします。レザック等は裏も表も凹凸がありますが表に比べると段差は若干低く、江戸小染等は裏に凹凸はありませんので。
 何はともあれ、「無理にやることはないんじゃないの?」と。




コピー本の作り方・トップへ戻る
Top
>> ホッチキスで綴じられる枚数
Back
>> 両面テープ比較実験
Next


Hr11a-LightBrown

Terrestrial Garden - Top

Hr11a-LightBrown

Copyright (C) Since 2002
Shiho Tojo/Terrestrial Garden/CELESTIAL ROOMS
All Rights Reserved.

counter