TerrestrialGarden Top > Diary > 過去を放り込んだ倉庫 2004年12月分


Diary

過去を放り込んだ倉庫
2004年12月分


2004年12月31日(金)

「○×☆◎#◇&@*□%▽※!?」

 29日は吹雪の窓を眺めながら「今日、有明に行かなかった私って勝ち組!?(でも、ちょっと寂しい)」とか思いながら仕事。(でも、最終日だから定時までいなくてもいいのに、残業までする羽目になったなったあたり、負け組な気分。)
 30日は1時間だけ冬コミ行って(短っ!)その後、新宿をふらふらして帰宅。関節炎悪化で、新宿駅のホームの階段を上がるのもキツイの何のって。あの時は杖が欲しかった……。
 そんなこんななので、家に帰ってからちょっと転寝。夕飯を食べてそのまま夜の睡眠へ。

 で、朝、本当に朝。普段だって目が覚めない午前7時。何故かふと目が覚めたらコレ↑もんですよ。暫く、布団の中で悶絶ですよ。
「いだだだだだだだだっ! な、何!? 鳩尾ってことは……胃? いだだだだ……動けねーっ! え、今年のオチ、自分が病院行き!?」

 とりあえず再睡眠を試みること1時間半。悶絶し疲れ、布団から這い出て胃薬を探して飲む。「どうしたの?」と出勤直前だった母に尋ねられ、胃が痛いことを告げると「もう、医者開いてないわよ」。
 ノォォォォォ…………っ! ………………救急外来?(オイ)

 まあ、とりあえず薬飲んで、温かいものを食べたら落ち着いたんですがね。
「……それ、胃潰瘍の症状」
 ノォォォォォ…………っ!



雪の東京  雪景色とか、もう、どうでもいいですね。痛いときは。
 でも、痛みが治まると子供のように、雪の中に飛び出したくなりますね。(アホか)

 夕方、ちょっと買い物に行ったので、誰も歩いていない雪の積もった芝の上を妹くんと歩いてきました。
 ……誰も歩いていないと思ったら、既にお猫様の足跡がありました。先を越されたか。(笑)
 積雪は10cmくらいでしょうかね。東京でこの時期にこの雪も珍しい。



 冬コミは……ホントに1時間ほどしか会場にいませんでした。サークル参加だと、それこそ朝から晩までって感じなんですが、今回は現地着が11時半で、12時半過ぎには会場から脱出してましたので。(回るサークルの数はそれほど多くないので。)
 むしろ、その後の新宿にいた時間の方が長かった。そして使った金も多かった。(笑)

 J・GARDENの申し込みをしようと思ったのですよ。11月の下旬に。で、小為替を買ったのですよ。
 ……どうして冬コミのこの時期に、申し込み書(全て記入済)と小為替が手元にあるのかな〜?(苦笑) まあ、結局、冬コミで申し込みをしてきたんですが。
 で、目下の問題は「手元に残った小為替はどーしたもんか」と……。買った郵便局で換金の予感。



DVD  見るものがいっぱいあります。
 12/22に2店回って、わずか30分で購入したブツ。うっかり定期代まで使い込んだのはここだけの話。

 上段左からゴスペラーズ「さかあがり」、「The GOSPELLERS CLIPS 1995-1998」、「The GOSPELLERS CLIPS 1999-2001」。
 廉価版で再リリースされたので。多分、若くて笑う。(オイ)
 下段左から、TM NETWORK「All The Clips」、TMG「Dodge The Bullet 〜LIVE 2004〜」、稲葉浩志「Inaba Koshi LIVE 2004 en」。
 TMは懐かしさのあまり、笑い転げるだろう。(やっぱり笑うのか。)
 一番下はTM NETWORKのCD(ベスト版)。タイトルが「Welcome to the FANKS!」。最近の活動は追ってませんが……思わずね。そのタイトル付けられちゃ、もう……。

 ……というか、「まだ見てないのかよ」と……。



 今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたしまする。

 来年はいい年になるといいなぁ……。もう二度と経験したくない一年でした。いや、マジで。



 年賀状、まだ影も形もありません。 orz



2004年12月19日(日)

 最近、月日の流れが早くてね。
 ……まあ、手っ取り早く言えば、「先週、日記上げるの忘れてた」ってだけの話ですが。(オイ)



 前サーバでのサイトスペースは、契約終了通告を突き付けた数日後に消えました。
 まー、早いわね。契約更新のための入金した記録は「半年」も更新されなかったのに。(笑)



 寒くてね、足が痛いのだよ。右足首。
 どうも以前、カクッと捻って捻挫したのが、寒くなって痛くなってきたのだろうと思って整形外科に行ったのだよ。初めて掛かるところではあったんだがね、行ったことはあってさ。……春先に、骨折した母を真っ先に担ぎ込んだところだからさ。(笑)

 整形外科(リハビリ併設)に集う年寄りって、何であんなに元気なんでしょう……。
 近所に整形外科が少ない上、先生の評判がいいせいか、すーっごい混むところでしてな。診察が終わるまでに、2時間掛かったんですが。
 その2時間の大半は狭い待合室で待機ですよ。個人医院ですからね。広いわけがない。
 年寄り多いですからね。中途半端に元気な。足腰弱ってるだけで、口は弱ってませんからね。奴ら。やることない上、常連が多く集ってますからな。あとは機関銃のごとく喋るだけですよ。

「アタシ、大病院嫌いなのよ。この前、○○病院行ったらさ、研修医みたいな奴にあたっちゃってさ、そいつに出された薬で死に掛けちゃったわよ」
 そんな会話を聞きながら、その医者に対して「どうしてトドメ刺さなかったんだ!?」なんて思ったくらいじゃ罪にならんだろう。うん。(オイ)

 で、まあ、結果は捻挫じゃなかったんですよ。レントゲン撮ってもらったんですよ。そしたら骨も折れてないんですよ。
 ……でも良くなかったですよ。
「慢性化した関節炎みたいですね。足首、弱いでしょう?」

 ……………………。Σ( ̄д ̄;)

 言われてみれば、そうかもしれない。

 で、家に帰ってから妹とその話をしていたのですよ。

藤城:「そういえば、しょっちゅう蹴っ躓いたり、転んだり、捻ったりしてるよなぁ」
妹くん:「なんかそれ、当たり前のことだと思ってない?」
藤城:「小学校の頃の通学路って、昔の用水路の上にコンクリの板敷いたところだったから、道悪かったじゃん?」
妹くん:「まあ、そうだけど……」
藤城:「1年の頃、毎日あそこで蹴っ躓いて、膝擦り剥いてたよ。絆創膏持ち歩くようになったのはそれからだもん。……え、普通、蹴っ躓かない?」
妹くん:「蹴っ躓かない」
藤城:「中学の通学路もさ、通学路で使う道の、片方は用水路の上にコンクリ板で、もう片方は用水路沿いの土と石と木の根っこが蔓延るところだったじゃん」
妹くん:「……まさかそこでも蹴っ躓いてたとか?」
藤城:「え、みんな蹴っ躓かないの?」
妹くん:「みんな蹴っ躓いて怪我してたら、通学路なんだから、もうちょっと綺麗に舗装されると思わんか?」
藤城:「………………Σ( ̄д ̄;)」
妹くん:「アホかーっ!何で今まで疑問に思わなかったんだーっ!」

 義務教育を終えて早(自主規制)年。まさかその事実に、この歳になってから気付くとは思いませんでした。
 歩けば蹴っ躓き、走れば転ぶ。挙句の果てには捻挫する。あー、全部足首弱いせいなんだねー……。

 とりあえずは足首のストレッチを薦められました。
「湯船に浸かって、正座してください。痛いかもしれませんが、徐々に痛くなくなりますから。それで痛みを感じなくなったら、普通に正座して見てください」
 やってみました。
 先生!湯船の中で正座は余裕です!そして、普通にその辺で正座するのも余裕です!
 ただ、スケート選手並みの太ももが正座の邪魔してくれます!(……もしかして、先生の求める「正座」が出来てない?)

 先生は最後にこう仰った。

「じゃ、今言ったようなストレッチやってくださいね。あんまり痛みが続くようならまた来て下さい。リハビリとかしますから」

 リ、リハビリ!? 
 リハビリやるって、結構重症なのでは……。((((((゚Д゚;)))))

 ちなみにこの後、いつもお馴染みの内科も行きました。めまいが続いていたので、前の週に採血しまして、その検査結果が出ているはずでした。

「貧血だね。鉄分も赤血球値も明らかに貧血の値だよ」

 鉄剤出されて「それを飲む夜はお茶禁止令」を出されました。
「お茶とか、紅茶は飲まないでね。カフェイン取ると効かなくなるから」
 ……烏龍茶と韃靼蕎麦茶とジャスミン茶はいいですか?(←お茶断ちできないダメな人。)



 デジカメを買いました。「ER」のDVDを買うより、こっちの方がいいかなと。
 思えば去年のこの時期にポータブルのCDプレーヤーを買った気がします。……何か欲しくなるんだろうね。この時期に。(物欲の神様が目を覚ます模様。)

 新宿のさくらやに行ったんですが、対応してくれた店員さんの名札を見たら、大陸系の方のようでした。いや、イントネーションとかはちょっと微妙な感じではあったものの、日本語に不自由はしていらっしゃらなかったので、全然構わないんですが。
 ただ、「あんしん補償」の名前が出てこなかったらしく、指で四角を描きながら、「あのー、そのー、えーっと……」と困惑していらっしゃいました。慣れたこっちが「『あんしん補償』ね。付けて下さい」と言ったら顔を輝かせて「それです!ありがとうございます!」とな。思わず和んじゃったよ。(笑)
 店員さんの言葉が多少片言でも、一生懸命な姿見たらそれでいいやと思うもんだわな。(日本人の店員でも、いい加減な対応されたら腹立つし。過剰なサービスはいらないが。)
 ちなみにこの店員さん、名札見たら端に日・英・中の3ヶ国の旗が描かれていまして。「あー、3ヵ国語が喋れる便利な店員さんなのね〜」と。まあ、確かに新宿も多いもんな。外国人観光客。

LUMIX FX-7  で、まあ、「LUMIX FX-7」です。500万画素。
 前からPanasonicのデジカメは気になってたんですが、Panasonicって気付いたら生産終了してたりするんだよな〜。で、次の新商品出るまでシリーズ欠品状態。思い立った時に買わないと買い逃すと思って。(笑)

CAMEDIA C-960  前に使っていたのがOlympusの「CAMEDIA C-960」。買ったのは何年前かな〜。4、5年使ってるかな。131万画素。Webで使うくらいならこれで充分なんだが、いかんせん、持ち歩くのはちょっと難有。重いのでした。

比較  とりあえず2台を並べて撮影……というのをやるにはデジカメがもう一台必要になるので(笑)、傍に比較になるものを置いて撮影した上でサイズを合わせて重ねてみた。ちなみに「比較になるもの」はフロッピー。こういう時「タバコの箱」とか良く見かけますが、いかんせん吸わないどころか、煙が来たら、喫煙者の後ろから飛び蹴り食らわせたくなる人間なのでな……。
 ちなみにこのフロッピー、ラベル見たら「あの海よりも深い藍」とか書いてありましたよ。「螺旋階段」とか「真っ直ぐなキミ、ウソツキな僕。」とかもありましたよ。他にも大量に描かれてましたよ。未公開ものが……。
 話がズレた。
 小さいですよ、ええ、ホントに。軽いしね。
 所有の携帯(PHS)よりちょっとだけ重いかな〜って感じだったな〜。

イチョウの樹  やっぱりカメラにも「クセ」があるもんですね。何枚か試し撮りした印象。
 同じイチョウの樹を撮った写真です。ただし、撮影時期に1週間の時差がある上、角度が微妙に違うんですが。
 右が「LUMIX FX-7」、左が「CAMEDIA C-960」。画像加工はサイズのみ。

 「CAMEDIA C-960」は若干青み掛かってますが、元々、画面を一番多く占める色に引き摺られる傾向があります。「まだ一部、葉が青いんじゃない?」と思われるかもしれんが、目視では完全に黄葉済みでした。(散り始めてるくらいだから。)なので、葉の間に青く(緑っぽく)見える部分は「影」で、空の青に引き摺られたせい。
 「LUMIX FX-7」は光に強いかな。影が出来にくいというか、影よりも光をしっかり拾う感じ。逆に「CAMEDIA C-960」は影に強い。多少暗くて意外にはっきり映る。同じ暗さで撮ったら、「CAMEDIA C-960」の方がよく映るかもしれん。ただ、風景を撮るなら、多分、「LUMIX FX-7」は抜群に綺麗だと思う。
 ここには上げてないが、夜空を撮った写真があるんです。「CAMEDIA C-960」は基本的に黒い空。雲が微かにダークグレーに映る感じ。一方、「LUMIX FX-7」は藍色にグレーの雲でした。結構分かりやすい差だなと。
 まあ、光を拾う力があるってことは、それだけ性能のいいカメラなんでしょうね。



 そんなこんなしているうちに、年が暮れていくんだろうな〜と思った。(いや、事実だろうが。)



更新履歴:
旧サーバでの運用終了。
「Link」
 みやず様の「久遠堂〜歪んだ時計屋〜」リンク修正。(作業したのはもうちょっと前。)



2004年12月4日(日)

 父が古いカセットテープを引っ張り出してきて、ヘッドフォンでニヤニヤしながら何かを聞いていたのだよ。
 一体何かと思いきや、私がうら若き……どころじゃなくピッチピチに若かった、もとい、幼かった頃(4、5歳)の頃の歌が入っているテープでござった……。
 素敵な美声でございました。
 ……ウソです。うわーん、幼児なのに声が低いよ〜。そりゃあの声なら、小学生のときにラ●オンズマンション売ろうとして電話を掛けて来た●京のセールスマンに『あ、僕?』とか言われちゃうはずですよ。(←根に持ちすぎ)

 ♪ひよこがね、おにわ〜でひょこひょこ(以下JAS●AC規制)……の歌ですよ。親に囃され、調子こいて次々と替え歌歌いやがってますよ。
 そんなものを家の中に流しやがりましたよ。父、爆笑ですよ。

 殿中でござる、殿中でござるっ!!

 ……まあ、その後、藤城さんちで何があったかは闇の中へ葬り去る方向で。



 ERレンタル祭り、局地的に開催中。(レンタルしてくるのは、TSUTAYAのカード持ってる妹くんだが。)
 DVD購入は思い留まりました。……っていうか、多分買ったらなかなか見ないような気がして。「あるからいいや〜」ってな感じでな。
 とりあえず1シーズン目の2/3ほど見終わりまして。結構面白いですな。アメリカらしい落し方とか、ちょっとした小細工とか、ジョークとか。
 まあ、現在放映中の8シーズン目(BSでは9シーズン目が放映中だが)まで、のんびり行きましょか。
 基本、「カーターくんの成長物語」ですから。(見方が半分ズレてます。)
 1シーズン目を見つつ、放映中の8シーズン目を見ると、「カーターくん、立派になって……」と母のような心境になります。(笑)



 前のサーバからごっそりデータを削除してきました。現在、ディレクトリ丸見え〜って、表示されるリンクをクリックしても、権限の問題でどうにもならないが。前サーバにリンク貼ってて迷子になった方……まではもう知らん。
 サーバの解約申請をしたので……さて、一体いつ処理されるかな〜。
 前サーバ管理者は、某所でユーザが「サーバが落ちようが、スパムの踏み台にされようが、本当に何にもしない」って愚痴ってるからな。被害者の会が発足されんばかりの勢いで。
 まあ、メールで連絡付かなくて、レンタルサーバの管理者宛に、サイトに表示されてる住所へ電報打ったら、そこに該当の人物がいないってんで届かなかった、っつー素敵な状態らしいので。いやはや……。
 まあ、うちはいいけどね。終わったことだし、大した被害もなかったから。(大揉め中の方々はドメイン動かせなかったり、追加料金だ何だと色々あるようだが。良かった。あそこでドメイン取らなくて。)



Diary Top
Diary Top
2004年11月分
Back
2005年01月分
Next



Hr22a-Brown Terrestrial Garden - Top Hr22a-Brown

Copyright (C) Since 2002
Shiho Tojo/Terrestrial Garden/CELESTIAL ROOMS
All Rights Reserved.