TerrestrialGarden Top > Diary > 過去を放り込んだ倉庫 2005年7月分


Diary

過去を放り込んだ倉庫
2005年7月分


2005年7月24日(日)

 え、地震ですか? 地域的には震度4、体感的には建物の上の方にいたので、震度5弱くらいでした。
 ……いや、部屋でぽや〜んと寝っ転がりながら、隙あらば寝ようかと思っていた時なんですけどね。起床したのがその3時間くらい前だったというのは、ひとまず置いといて。(まだ寝るか。)
 この部屋、親には「大震災が来た時にこの部屋にいたら圧死するよ」っつーくらい荷物があります。(……ってか、狭いんだから、家の何処にいても圧死だよ。無事でいられるのはトイレくらいか。)本棚なんか、とっくの昔に収容能力の限界を越えて、もう一台本棚が必要なくらいですからね。でももう一台本棚入れたら、冗談抜きで寝る場所がなくなります。

 で、被害の程は、部屋の天井付近に詰まれた荷物の中から、ハギレなんかが入ってる紙袋(小)が一つと、本棚の前に積み上げた本の中からマンガが2冊降ってきたくらいでした。パソコンラックも本棚も、クローゼットもビクともしねぇ。ミシリとも動きもせんかったですよ。自分の身を守るなんて、考えもせんかったですよ。デッカイ物が動かな過ぎて。
 ちなみに、家の中で一番被害が酷かったのは、リビングにある本棚の中、母方の曽祖父母と父方の祖父のお札(?)や、家内安全のお札が置いてある、「なんちゃって神棚」ですよ。中に置いといた湯飲みが転倒して水浸し。(苦笑)
 尚、台所では30分ほど前までティバッグで作った烏龍茶のボトルを冷ますために、蓋を開けたまま約2Lほど置いてありましたが、虫の知らせか、私が冷蔵庫の中に入れてましたよ。いや〜、あれがひっくり返ったら、冗談抜きでそこら中水浸しだったよ。

 てんちゃんは、止まり木から落ちました。(アンタ鳥でしょう……。)
 慌てて妹くんが揺れる部屋の中、駆け寄って、鳥篭を持ち上げてたそうです。なんて扱いでしょう。(苦笑)
 予知の「予」の字もなかったですよ。……無理か。野生なんざすっかり忘れてるだろうし。(いや、そもそも知らんだろう。)

 十数年ぶりらしいっすね。東京の地震でこの規模は。
 前回の地震の時は、来たのが確か夜中で、私は昼間、十数時間同じ格好のまま絵を描き続け、腰痛を起こして地震が来た際に起き上がるどころか、寝返りもままならず、とりあえず布団被って寝ようとしたことを思い出しました。……震度5くらいじゃ、私はビビリもせんらしい。

 ちなみに数時間後、テレビ見ながら寝てました。2時間くらい。(結局寝たのか。)



 今週一杯か、来週までいるか。お仕事はまあ、そんな感じです。消化可能有給がどれくらいあるのかと、引継ぎ作業がどれくらい掛かるかによる感じ。何にしろ、有給分を考えるとる8月勤務分までの給料は出そうだ。(でも夏コミ前には勤務終了。)
 大ボスと話をしてると、肝心な話はすぐ終わるのに、何故か毎回愚痴を聞かされます。(笑)まー、頑張ってくださいよ。あとは知らん。(無責任)
 そんな感じで、今年は長い夏休みが取れそうだ。(そういう問題じゃない。)
 まー、「落ち着いたら戻ってきてくれるのは大歓迎」らしいですよ。……本人にその気はあんまりなかったりするのだが。(笑)



 ついさっき、籠から出ていたてんちゃんのご機嫌な一言。
「ててててててててて、て〜んちゃ〜ん!てんちゃん、てんちゃんてんちゃんてんちゃん、て〜んちゃ〜ん!」
 ……お前はラッパーか?



2005年7月19日(火)

 世間の学生さんっつーヤツら……もとい、学生の皆様は「夏休み」ってヤツに突入か。あ?(いきなり絡み口調かよ。)

 連休明け、毎度お馴染み通院日ですよ。世間では3連休だっつーのに、一人ナチュラル4連休かましてますよ。このお姉さん。(「お姉さん」。「お姉さん」ですからっ!)
 予約時間はよりによって一番暑い昼過ぎですよ。「めんどくせ」とか思いながら自転車置き場からマイチャリンコを引っ張り出したら、なんとベルがいきなり自己破壊。私、全く触れてません。……不吉な……。

 炎天下の中、自転車漕ぎながら、自分の人生が走馬灯のように駆け抜けていきましたよ。うっかり「親父様、お母上様、先立つ不幸をお許し下さい」とか一瞬思って、次の瞬間、我に返りましたよ。……昇天してる場合じゃないですよ。処分するものをしてから逝かないと、親が違う意味で泣きますよ。
 まー、診察は相変わらずな感じで。薬は減ったり、変わったり。良くなってる……わけでもないみたいですよ。あー、めんどくせ。(生来のナマケモノ気質全開の2005年夏。)

 病院の自転車置き場に向かっている途中、アスファルトの水溜りで水浴びするスズメちゃん2羽発見。うおーっ、可愛い〜。しかし、鞄の奥深くに潜り込んだデジカメを探しているうちに、飛び立ってしまいました。ううっ。
 「鳥萌え」って、鳥飼ったことある人以外、あんまり理解してくれないですよ。以前、飲んでる最中に鳥萌えの話をしていたら、乗ってきたのは鳥飼経験者だけでした。鴨の曲線とか、アヒルの曲線とか、スズメの膨らみ具合とかとかとかっ!(熱っ!)
 映画「皇帝ペンギン」のCMを見て、うっかり悶えてしまった妹くんが親父様に「そんなに悶えるなら見に行けばいいじゃないか」と言ったが、妹くんは「そんなことできるわけないでしょっ!」と猛抗議。……そりゃそーですよ。映画館の暗闇の中、スクリーン見て悶えっぱなしって、それ、ただの「変態」ですからーっ!



 えー、生産完了品を手に入れて喜んでる場合ではなくなってきました。「お前の雇用契約が完了だよ」って感じです。
 さー、「ちょっと長い夏休み」が冗談ではなくなってきましたよ〜。ってか、結構契約終了する気満々だったりする自分もどうなのよ、って、自分でツッコミ入れてる場合じゃねーだろって。
 週5でフルタイムは、今の状況では無理です。頑張ってられない現状としては。
 先生曰く、「まー、休むことでよくなる可能性もあるわけだし」と仰っていたが、見えます。私には見えます。涼しげなクーラーの部屋でひたすら眠り姫ぶちかます自分がっ!(王子様募集中)
 ……ひたすら眠り続けるのも鬱の一種の症状です。 orz



 てんちゃんのお喋り語録。
「ぽーちゃん、お帰り」(何処行ってたんだ、お前は。つか、名前「てんちゃん」ですからーっ。)
「ぽけこっこー、ペッ」(なんか混ざってるぞ、おい)
「とーちゃん、ぽーちゃん、ぽよちゃん、ちーちゃん」(いろんな人が混じってますよ)
「てんちゃんてんちゃんてんちゃんてんちゃん」(いや、分かってるから……)
「ちゅわちゅわちゅわちゅわちゅわちゅわ」(何だそれは……)

 学習姿勢はとても良い子です。人の唇に耳寄せて、じーっと人の話を聞いているもので。が、どーも、いろんなものがごっちゃになるらしい。さすが鳥頭。



 ……暑い夏になりそうだなぁ。うん……。 orz



2005年7月10日(日)

 納豆の日。
 …………いや、別にどうでもいいんだけど。



 生産終了から早半年が過ぎた今日この頃。
 奇跡が起きたぞ〜。

「CAROL the LIVE」  多分、新品では見つからないだろうから、中古で探そうと思いつつも、何となく渋谷のTSUTAYAに行ったら、あら、びっくり。
 渋谷のTSUTAYAは規格外の商品は空ケースだけ店頭に並べているのだが、その中に先々週、道玄坂を転がり落ちながら来た時にはなかった、昨年限定出荷の「CAROL the LIVE」を発見。即効手にとってレジに持っていくと、空ケースに書かれた棚番号から在庫を取ってきてくれるという。が、レジのお兄さん、10分近く戻ってきませんでした。(笑)
 「あー、やっぱ在庫ないかな〜」と諦め掛けたその時、お兄ちゃんは笑顔で「お待たせしました」と言って、在庫を探してきてくれたのです。奇跡じゃ、奇跡が起きたぞーっ!

 ちなみにこれはDVDと本のセットで販売されていたもので、本は昔、ハードカバーで出た「CAROL」本編の装丁を変えただけ。
 DVDは前回の日記で「CAROL本編」とか抜かしてましたが、そーいえば「CAROL Final」って、「FANKS the LIVE 3 CAMP FANKS!! '89」のCAROLでした。(アホか)
 ただし、「FANKS the LIVE 3 CAMP FANKS!! '89」は1989年8月29日の映像ですが、「CAROL the LIVE」はその翌日、30日の映像でした。「CAROL Final」と「CAMP FANKS!! '89」の2本立ての作り。編集の仕方が違うので、「FANKS the LIVE 3 CAMP FANKS!! '89」と同じ内容ではなかったです。
 「CAROL Final」、CAROLのテーマ曲でウツ、歌詞を吹っ飛ばす。「CAMP FANKS!! '89」では「Get Wild'89」と「DIVE INTO YOUR BODY」でも歌詞を吹っ飛ばす。そして笑って誤魔化していた。(笑)おかげで、「ああ、『FANKS the LIVE 3 CAMP FANKS!! '89』とは確かに別物だわ」と納得したが。(それもどうよ?)

「CAROL the LIVE」パッケージシール  これ、見えるかな〜。中身が入っていた袋に貼ってあったシール。
 白抜き文字で「“DOUBLE-DECADE”期間生産限定('04/12/31 生産終了)」と書かれてるんですが。
 生産は終了でも、店頭在庫で運良く見つかることがあるってことですな。いや〜、行った甲斐があるってもんです。半年も経ってるから、見つからないかと思ってたんだが。(私みたいに時期外れに「一人リバイバル」なヤツが稀にいたりするから、そういう点でもないかと思ってたんだが。)

 で、見ながら思ったのは、ウツは体格的に恵まれてたんだな〜と。身長が高いので、プロのバックダンサーなんかと同じ動きをしても、カチッと決まる。確か180cm弱だっけ。下手するとダンサー達より背が高いから、その分映えるんだろうなと。
 ……そして余計最近の映像が見られなくなっていく……。ウツだけなんだ。10年前と別人になっていたのは……。(泣笑)



 てんちゃん、烏龍茶の中に顔突っ込んで溺れる。
 何事かっつーと、外で遊んでいたら喉が渇いたらしく、人が飲んでいた烏龍茶のグラスの淵に止まって、中の残り少ない烏龍茶を飲もうとしたら、足滑らせてコップの中に頭からダイブ。(笑)
 グラスったって、そんなに大きいものじゃなし。頭から突っ込んだら、助け出すには、尻尾を引っ張らないと出てこないですよ。慌てて引っ張り出して事無きを得る。
 それ以来、コップの淵に止まって、中身を飲もうとする行動が止まったか……っつーと、そんなこともなく。さすが鳥頭。
 ただその後、烏龍茶の成分で汚れが落ちたのか、なんだか最近毛艶のいいこと、いいこと。
 ……毛艶整える前に、さっさと夏毛に生え変われっちゅーねん。人間様がちょうどいい温度でも、てんちゃん的には暑いらしく、翼上げてゼエゼエやってる次第でござい。……それで小型扇風機をてんちゃんの為だけに付けてあげるバカ飼い主達がここにいますよ。(ちなみにその扇風機は、だいちゃんやパパちゃんご存命時も活躍した品だが。)



更新履歴:
トップページ
 画像変更。



2005年7月4日(月)

 失恋したので髪を切りました。

 …………ウソです。
 今時、その程度の愁傷で髪切るヤツがいるのかよ、と自分本位の考え方をしてみる。
 あ、ちなみに髪を切ったのは本当です。失恋は、相手がいないと出来ませんからな。失恋ね〜、もう長いことご縁がないわね〜。
 年齢不詳化により一層拍車を掛けた感じです。でも手入れが楽〜。いつもの美容院の兄ちゃん(中学の三つ下の後輩)が人の顔見るなり、「短くしちゃっていいんでしょ?」と言いました。さすが分かってるね!!(少しは疑問なり、何なり持ってみようよ。自分。)



 一部で盛り上がりを見せたTMリバイバル騒動(起こしたのは自分)、ようやくDVDを見終わりましたよ。
 結局ね、1994年以降のLiveの映像も購入して、時の流れにしみじみしてみた。
 時の流れって残酷ね……。

TM NETWORK tributo LIVE 2003
 1994年までのTMこそが本物のTMと心底思い込んでる人は、絶対に手に取っちゃいかん1本。ちなみにこのDVD、「M-TRES」からのリリースで、新星堂系列でしか扱ってないらしい。
 2003年に、ウツと木根さんが葛Gとベーやんと浅倉の大ちゃん連れて回ったツアー。
 初っ端から姿を見て「誰だ貴様は!」気分です。センターに立ってるから、ウツだよな。おい、こらまて。その崩れた顎の曲線は許せんぞ。ちなみに葛Gも若干太めに。(他はまあ、そんなに激しいお変わりはなく……。)
 そしてウツの声を聞いてひっくり返りました。全然出てないじゃんっ!!音域も狭くなって、ピッチもちょっとズレてる感じ。
 小室先生抜きなので、アレンジはそれほど凝ってなく、最初の一小節聞けば、何の曲か分かる程度のもの。
 でも、その姿で「KISS YOU」とか歌われたくないぞ、とか思ってると、しっかり選曲されてたりするし。……リリース当初の「セクシーさ」は一体何処へ……。ウツには1日3時間の発声練習と、10kgとは言わないから、せめて7kg程度の減量を課したい気分になりました。
 葛Gとベーやんと浅倉の大ちゃんというメンツで、繋ぎに「VAMPIRE HUNTER D」とか、かなりマニアックな曲をやられても困ります。アンタら、誰一人としてあの頃のサポートやってないじゃんかよ。
 個人的には浅倉の大ちゃんのパフォーマンスはあんまり好きじゃないので、このメンツだったらKeyに久保こーじでも連れてきたほうか面白かったんじゃないだろうか。
 会場(Zepp Tokyo)が狭いからか、それともそんなに予算を割いてないせいか、見ているうちに、カメラワークと編集具合に素人臭さが見えてきます。あー、何かイライラする。そんな感じ。



TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR "NETWORK"
 20周年ライブの模様……っていうか、1994年から数年活動終了してた期間も込みですか。そうですか。
 2枚組で、「R and C Japan Ltd」という、吉本の系列会社から出てるもの。ツアー最初で20周年そのものの日だった4/21の横浜アリーナ公演と、ツアーラストの日本武道館公演の2枚。
 2003年の映像を見たせいか、ウツの崩れ具合に若干の耐性が付いた模様。(本当に若干、2003年よりシャープに見える。……まあ、崩れてるのには変わりないが。)声も少しはマシかな〜という感じ。(出てないことには変わりはないが。)
 1枚目。小室先生のマイブームですか?やる曲、やる曲、アレンジが全てトランス入ってますよ。曲が完全に崩れちゃってるのもある。暫く聞かないと何の曲だか分からないものも有。でも、古い曲なんかは、却って新鮮な曲になった感じで、トランスを全否定するのはちょっともったいない感じ。サポートが葛Gしかいないということで、生音なのは木根さんと葛Gのギターだけ。他ドラムもベースも全部打ち込み。なので、音がちょっと軽く感じる。
 2枚目。三部構成というか何というか。
 最初にサポートに入ったのはFENCE OF DEFENCEの3人。なので、トランス系でも1枚目で感じた軽さは大分なくなった感じ。次は葛Gとベーやんと浅倉の大ちゃん。ここでも同じく。やはりドラムが生だと曲の響き方が違いますな。最後は葛Gだけが残って、雰囲気は一枚目と同様な感じ。何となく「ああ、これが20年目の音なのかな〜」と思った。良くも悪くも。
 2枚目の方の武道館公演ラストに入ってる「SEVEN DAYS WAR」のメンツが凄い。FENCE OF DEFENCEの3人に葛Gとベーやんと浅倉の大ちゃん、更にはB'zの松本さんまで。初期からラストまでのサポメン勢揃い。(確か実際には「final live LAST GROOVE 5.19」にも松っちゃん出たらしいが、VTRにはゲストとして浅倉の大ちゃんだけしか出てこない……のはやっぱり権利関係かね〜。)
 一つ気になったのは、先生の要塞の一角に「STAGEA」と書かれた機材があったこと。エレクトーンだよな。確か。気になったのでYAMAHAのサイトに行って確認してしまいました。ああ、やっぱりエレクトーンだ。分解、組み立て、パーツのバージョンアップが可能なものらしい。まあ、エレクトーンの世界も変わったのね。  ……現在の価格を知って軽くカルチャーショックを受けてきました。今のエレクトーンって安っ!(昔は70万、80万クラスが通常だったのに。)

 ライブの質でいうと、やっぱり「EXPO ARENA FINAL」が一番高いです。細かく作り込まれてる感じ。終了時の「final live LAST GROOVE」はライブのベスト版みたいなもんだから除外。
 20周年の去年一杯の出荷で、「CAROL TOUR」の映像が販売されてたことを知り、ちょっとショックを受けてます。「FANKS the LIVE 3 CAMP FANKS!! '89」のCAROLじゃなくて、ツアー本編の映像。もう最終出荷から半年経ってるからな〜、さすがに探しても店頭では見つからなさそうだ。
 でも、あと数年したら「25周年記念」とかで再リリースされるような気がする。その昔、「EXPO ARENA FINAL」がそうだったように。(笑)



 一般発売前にB'zの東京ドーム全3公演のチケットを押さえたはいいが、相方探しに東奔西走。何とか全日見つかりました、な状態です。さて、あとはその辺で夏休みを確保せねば……って、下手すると「長過ぎる夏休み」に突入するかもしれない。(笑……えない)
 この件で久しぶりに連絡を取った友人、暫く互いに連絡取ってなかったことなんてまるでなかったかのように、フツーに連絡が返ってきました。……私の長年友人関係を保てるヤツってのは、そんなヤツらばっかりだわ。1、2年、年賀状くらいしかやり取りしてないとかね。で、逢ったらそんなこと全然気にしないで、普通に話してるの。まあ、面白いっちゅーか、何と言うか。



 で、通院日。(その「で」は何処に掛かる?)
 雨降りだったので、バスに揺られて30分。やっぱり自転車で行ったほうが早い。(自転車だと15分。)本数が多くないので滅多に使わないバスだけど、何故か今日は行きも帰りもジャストタイミング。待ち時間、ほぼゼロに近い。わー、スゲー珍しい……。
「前回はアナフラニールにルジオミール加えたんだよね〜。で、どうですか?」
「薄らぼんやり、気分だけやる気満々です」
「眠気とかは?」
「絶好調に眠いです。幾らでも眠れます。今日も二度寝をしようとして家族に止められました」
 そんな会話をして、最近自ら発見した事実を話してみた。
「サイトの日記に、去年の9月に15時間睡眠の記述を見つけまして……。そういえば去年の6月ごろ、めまいが酷くて行きつけの先生の所で薬貰ったなー、とか。あははは……」
 これは大変なことですよ。先生も私もてっきり「去年の10月の家族の入院騒ぎ」がきっかけと思って治療をしてたんですから。
「いやー、過去ログとかって、残しておくもんですねー。良くも悪くも」
 先生、苦笑しつつも絶句。
 ルジオミールを入れてからの方がアナフラニールだけのときより好調(少なくとも、TMのDVDを見ようと思って実行するくらいには好調)なので、今回からアナフラニールを止めて、ルジオミール中心のメニューに。さて、どう転ぶかな〜。
 ちなみに上司から「一旦休んでみる?」と言われたことを言ってみましたが、先生も「う〜ん」という感じ。
「まとめて休むことで、比較的早く回復することはあると思うんだけど……」
「個人的には、引き篭もり化しそうな気がしまして。素質は十二分にあるんで」
「うーん……」
 で、結局結論の出ない展開に。さて、どうしましょう?休みたい気もあるんだが、長期休業となると、実は身分的に雇用契約を一回切られることになるのでな〜……。収入ないのもツライしな〜。
 ああ、サマージャンボで一等とか当たってたら、心置きなく休んだ(ってか、辞めた)んだけどな。(切ない想い……。)
 誰か家で出来る仕事下さい。(笑)



Diary Top
Diary Top
2005年06月分
Back
2005年08月分
Next



Hr22a-Brown Terrestrial Garden - Top Hr22a-Brown

Copyright (C) Since 2002
Shiho Tojo/Terrestrial Garden/CELESTIAL ROOMS
All Rights Reserved.