TerrestrialGarden Top > Diary > 過去を放り込んだ倉庫 2005年11月分


Diary

過去を放り込んだ倉庫
2005年11月分


2005年11月29日(火)

 冬コミ前修羅場ってる皆さん、「よゆう入稿」できますか?

 ……またカウンターが跳ね上がったと思ったら。
 いいですか。目指すは「冬コミ」ですよ。印刷所に入れる予定の方、もうすぐ12月ですよ。印刷屋さんのためにも余裕を持って入稿しましょう。ギリチョ入稿かまして、印刷屋にミスられたって「自分のせい」ですからね。よゆう入稿でミスられたら、印刷屋の胸倉掴んで、ギリチョ入稿の犯人を吐かせてよし。その後の対応は君たちに任せる。(オイ)
 印刷所に入れても欲望の火を熱く滾らせちゃってる方には「コピー本の作り方」をどうぞ。ええ、当日会場入り直前まで頑張れますよ。コピー本なら。(当日スペース内での迷惑製本禁止。)
 冬コミ取れて、「新刊出します」と宣言したからには、新刊落とすんじゃないわよ。落とした暁には、三連落ちのワタクシから、「次回夏コミ落選」の祟りを進呈します。



 そのハガキが届くまで、すっかり忘れておりました。
「Oh No! 年金の督促状じゃん!」
 ……さて、振込用紙は何処にやったかな〜。住民税なんかは速攻払ったんだが、年金は……ねぇ、まあ……。(オイ)
 一度でいいから、「宝くじで1000万以上当たったら払ってやるぜ!」という、ワケの分からん啖呵を切ってみたい。市役所の窓口で。(社会保険事務所は遠いんで。)
 免除申請をしたいところだが、個人の年収……で引っ掛かるか。去年の収入だから。orz
 まあ、今申請しても、世帯年収で余裕のよっちゃん(死語)ですよ。……いや、免除申請却下されるのが。
 そうですね、来年度には「デイトレードで1000万の利益が出たら払ってやるぜ!」って言ってみたいです。市役所の窓口で。ちなみに即効株に費やせる資金は10万です。(啖呵切るにしても小せぇ……。orz)



 郵便局……じゃなくて、日本郵政公社の「金融総本部郵便貯金事業総本部」というところから郵便物が到着。何かと思ったら、払込手数料等の料金改定のお知らせ。
 長形3号の基本料金ギリギリの封筒使って、中身はA4用紙三つ折が一枚。
 ………………ハガキでいいんじゃね?これ。
 自慢じゃないが(っていうか、自慢にもならない)、郵便局に口座持ってるのは「CELESTIAL ROOMS」名義の口座だけですよ。ぱるるとかの口座は持ってないです。たまに「珍しいよね」と言われます。
 ……だって、昔は銀行の方が近かったんだもん。orz



 ニュースを見ていて楽しいのは「姉歯偽装事件」。(勝手に命名。)
 被害者となってしまった方には大変申し訳ないが、役者が揃って参りまして、さあ、責任の擦り付け合い大会の真っ只中です。不渡り出して潰れる会社あり、死人が出たりな。証人喚問やったはいいが、法的拘束力皆無じゃ、誰が見たってこの期に乗じた「ワタクシは国民の皆様のために頑張っているんです」という、政治的パフォーマンスかましただけでしょうに。聞いてることがマスコミレベルじゃ、ホントに時間を無駄に使い、無駄に電波に垂れ流したという点ではマスコミも同罪か。
 毎日色々ありますが、中でもH社の某社長は久々の逸材。マスコミに取り上げられて、何を勘違いしたか、浮かれてひょいひょいテレビに出たはいいが、責められまくって元の意見を180度変えてみたり、「正義感ぶってんじゃねーよ」と他の会社を脅してみたり。喋れば喋るほど信用を無くし、自滅していく典型的なパターンです。さて、マイクを向けるマスコミに「バカヤロー」と逆切れかますのはいつ頃でしょうか。そう遠くない未来だと思います。……「バカヤロー」発言と失踪とはどっちが先かな?まあ、会社潰して土下座して、お涙頂戴が大失敗……なんてのを多いに期待したいところです。踊るなら徹底的に。
 肝心な姉歯さんは典型的な理系人間。「スミマセン」を軽々しく言わず、インタビュー責めになったら、禅問答じゃないんだからという感じの、のらりくらりと明後日方向な回答。「俺は悪くない」か、「俺だけじゃないだろ」と開き直って、絶対に土下座なんぞしないタイプです。「怖くて外に出られない」って、アンタが構造計算したマンションの住人は、怖くて住んでられないだろうよ。アホか。
 姉歯さんに近いのはT社(実際のスペルだとE社かな?)の社長なんだが、あの人は文系だね。H社の某社長よりは利口そうだが、気を抜いた一瞬に失敗するタイプ。
 この事件は姉歯絡みだけじゃ終わりませんよ。ええ、きっと。他のネタが上がるのと、大震災級の地震が来るのはどっちが早いかな。近くに耐震性の弱い建物がないことを祈るばかりです。……いや、実際ないんだけどさ。(震度6が来てもとりあえずは大丈夫な鉄筋コンクリな建物です。さすが古い公団系だけあるわ。うん。)



 「Pleasure II」の予想は外れた。orz
 ちなみに初回限定のビデオ1曲ダウンロードは、「OCEAN」にしました。
 ラインナップの4曲のうち、「ultra soul」は、本当に「2003年12月27日の東京ドーム公演」だとすると、私の記憶が正しければ「BIG MACHINE TOUR」の最終日で、その前、12月25日の公演までは絶好調だったのに、最後の公演で稲葉さんは風邪をひいて、「高音が全く出なかった」という、ある意味悲惨かつ、印象深いものだったはずですが。



 リバウンドしちゃった。

 …………………………………………………………。Σ( ̄д ̄;)

 リバウンドじゃねーよ、元々そんなにねーよっ!……ってか、今、今までの人生の中で一番体重重いよ!
 えー、鬱についてのワタクシの研究によって集めたデータから推測しますと、現在の人生最重量化につきまして、3つの要因が考えられると推測されます。
 1つ目は「投薬に関して」。薬自体の副作用的なもので、「太りやすくなる」というもの。友人に鬱になってから巨大化したのがいる。orz(ちょうどいい反面教師ではある。)後は薬を飲むために軽い飲食を取ったりして食事の時間のバランスが崩れ気味になる。
 2つ目は「甘味の摂取」。精神的充足感を得るために、手っ取り早く「甘いもの」を欲するという傾向がある模様。従妹の叔父さんも鬱になってここ数ヶ月休職して、投薬治療をしたらしい。「酒飲みだから今まではそんなに甘いものを欲しなかったのに、鬱になってからやたらと食べていた」とか。
 3つ目は「鬱自体の問題」。いかんせん「動きたくない」「ひたすら眠い」状態ですから、下手すりゃ20時間寝てます。食事の回数自体が減っても、一回に食べる量はそれほど変わらないので、1日の運動量からすると「横に広がって当たり前」。orz

 ……………………。Σ( ̄д ̄;)

 分析結果を並べたところで何も意味はなく、むしろ「どうやったら元に戻るか」を検討するほうが重要だと思います。アホか、自分。



 喪中のハガキが届くにつれ、寒さを実感しつつ、田舎の父方のバアちゃん(90歳超)がぽっくり逝かないことを祈るばかりです。
 人混みは大丈夫になったが、どう考えても喪服の集団の中にいるのには耐えられないと思うんだな。身内の集合体だと思うと尚更。ついでに、まだ旅行とか行くのは精神的にビミョ〜なんだな。
 ……バアちゃん頑張れ。目指せ100歳。



更新履歴:
トップページ
 画像変更。



2005年11月21日(日)

 先週書いた日記を「上げ忘れた」という素敵な状況に気が付き、一週間も経ってから素知らぬ振りしてUpした……上に、何事もなかったかのように過去ログ送りにするのは、管理人の特権だと思います……っていうか、こんなサイト、管理するのは自分しかおらんがな。



 Loto6で大金を手に入れそびれている今日この頃。orz
 そういえば歯医者に予約の電話を入れるのも忘れてましたね。



 久々の通院日なので病院に行ったのです。
「どうですか〜」
「人生の半分は寝てると思います」
 やる気のなさ大爆発。先生、苦笑。
「あと1歩って感じなんだけど、こう、後押しするものがないのかな〜……」
 知りません。(キッパリ)
 ……まあ、寝るのは嫌いじゃない、むしろ大好きなので、尚更手の打ちようが気がします。ハイ。

 病院といえば。  去年の春、右手を骨折した母の病院通いが終了しました。
「先生に『お嬢さんたちに宜しく』って言われちゃったよ」
 ……あー…………うん、まあ、いい先生だったよね。
 先生、お嬢さんの一人は夏にドロップアウトして、未だ社会復帰が出来ません。orz



 月末リリースのB'zの「Pleasure II」の広告を見る度に、自分の中の確信が深まっていくのです。
 写真は前作の「Pleasure」と「Treasure」の続きでしょ。で、ジャケットのカラーは「Pleasure」のサブカラーだった赤でしょ。タイトルが「Pleasure II」でしょ。
 そしたらもう、「Pleasure II」の中に投票ハガキが入っていて、半年くらい後にファン投票で決まった曲を収録した「Treasure II」が、ブルーのジャケットで発売されるんだろうと。
 ……今から楽しみで仕方がありません。( ̄ー ̄)
 予想が当たったら、褒め称えてやって下さい。(誰をだよ。)



2005年11月13日(日)

 肉、肉、肉、肉、野菜、野菜、野菜。締めは雪見大福で。
 ……いや、晩飯の話。焼肉行っても意外に野菜を食べてるんだが。(デザートは別腹、帰り道で調達。)



 木曜日に免許の更新に行く。
 バスを乗り継ぐか、自転車か悩んで、結局自転車で行く。実はバスでも自転車でも、掛かる時間は変わらん……っていうか、むしろ自転車の方が早いかもしれん。(バスだと遠回りになるので。)
 行きは楽。坂道下って、下って、ずっと下って〜。

 試験場では手続きで右へ左へ言われるがままにウロウロ歩き回り、最後に辿り着いた、初回講習会場への地図を配っていたおっちゃんに「残念〜」と言われる。時刻は午後1時15分。
「初回講習、次の回は2時5分から」
 うおうっ! 微妙に時間がっ! どうやらもうちょっと早く来れたら、一つ前の講習を受けられたらしい。
 とりあえず講習会場へ行くが、入り口にいたおっちゃんに「次、2時5分からだから、受付開始は1時50分からね。この頃おいで〜」と言われる。
 ……んなこと言われたってさ。どうしろっていうのよ。この試験場の周囲、「墓地」と「石材屋」しかないっつーに……。orz
 外で紅葉の始まりつつある木々を見ながら日向ぼっこしちゃったよ。うっかり寝ちゃいそうになったよ。環境は抜群にいいよね。……時々、背後から二輪の検定者用のためにマイクで指示が飛ぶんだが。(それだけはウルサイ。)
 で、初回講習を2時間受けて、更新した免許を受け取って家路に着く。

 ……えー、試験場へ来るまでに、道をひたすら下ってきたわけです。「ひゃっほ〜い!」とか言いながら。帰りは当然、その逆になるわけです。

 坂道を登って、登って、登って、登っ…………ぐっ……(自転車が止まる)……って、のぼっ……カタカタカタカタ……(自転車がバックする音)…………あ〜……(自転車が重力に逆らわなくなる)…………。

 頑張る自転車姉ちゃんの隣を、スタスタと歩いていくオバちゃん。……って、自転車より歩いた方が早いじゃねーかっ!!
 そして、頑張った坂道の先にあるのは、一時期全国ネットのニュースに流れた、開かずの踏み切りでございました。

 カンカンカンカンカンカンカンカン……(踏切の警笛音)
『まもなく3番線に快速……』(真横が駅なので、アナウンス丸聞こえ)
 ガタン、ゴトン……(駅で停車) チャラリラ〜(発車音) ガタン、ゴトン…(再び発車)
 カンカンカンカンカンカンカンカン……
『まもなく1番線に各駅停車……』
 ガタッ、ゴトッ、ガタン、ゴトン、ガタン、ゴト…ン……(駅に停車するため、徐行運転)
 カンカンカンカンカンカンカンカン……
『まもなく3番線に快速……
 ガタン、ゴトン……(駅で停車) チャラリラ〜(発車音) ガタン、ゴトン…(再び発車)
 カンカンカンカンカンカンカンカン……
『まもなく1番線に各駅停車……』
 ガタッ、ゴトッ、ガタン、ゴトン、ガタン、ゴト…ン……(駅に停車するため、徐行運転)
 カンカンカンカンカンカンカンカン……
『まもなく3番線に快速……』
 ガタン、ゴトン……(駅で停車) チャラリラ〜(発車音) ガタン、ゴトン…(再び発車)
 カンカンカンカンカンカンカンカン……
『まもなく1番線に通過列車が……』
 ガタゴトッ、ガタゴトッ、ガタゴトッ、ガタゴトッ(時速60キロ位で通過)

 10分は掛かってないと思うんだが、いかんせん帰りのラッシュが始まる時間。上りが行ったら下りが来て、それの通過を待っているうちにまた上りが来る。
 待ち切れなくなったのか、隣にいた徒歩の兄ちゃん、「チッ……」と舌打ちしてました。気持ちは分かるが、そんなに急いでんなら歩道橋使え。(笑)
 ちょっと買い物して、家に着いたのは午後6時過ぎでした。あんまりフラフラしてたもんだから、家族から「今何処にいるんじゃ」メールが届いてしまいました……。orz

 翌日、筋肉痛になるかと思ったのに平気でした。
 でも、とりあえずこれで3年先まで更新ないよな〜。
 ……そういえば、免許取った時もこんな時期だったな〜。今後更新する時も紅葉が見られるのね。(そういう時期に生まれたからしょーがない。)



 なんか、なんかなんかなんかな〜んか、何もしてないな〜。今週。あとは衣替えくらいか。相変わらず行き倒れて寝ちゃってるし。
 ……どうも社会復帰が出来なくなっているような気がしないでもない。Loto6で億の金が当たったら、社会復帰しませんが。(笑)



 今年は医療費が思いっきり掛かっているので計算してみたら、どう考えても心療内科に掛かっただけでは税金控除の対象金額に微妙に届かないということが判明。今年はあと2回か。今月と来月。……無理だな〜。やっぱり。
 歯医者に行くか。せっかくだから。もう7、8年掛かってないし。
 歯の痛覚が若干鈍いらしく、昔、神経までやられてるくらいの虫歯が無痛だったため、検診で引っ掛かって医者に行ったら「何でもっと早く来ないの!」と怒られたことがある。……乳歯だったから良かったんだけどね。
 なので、歯を削られてるとかしても平気なので、別に歯医者嫌いとかではないんだが、予約を取るのが面倒臭い。(オイ)
 医者嫌いじゃないんですよ。むしろグロッキー状態でも、病院内の消毒の匂いを嗅ぐだけで回復する人間ですから。(そのせいで、「原因不明」のことがちょくちょくと。)親にも「安心しなさい。ヤバイと思ったら病院に担ぎ込むから」と言われとりまする。



2005年11月7日(月)

 起き抜け一発目に見る冬コミ白ラベル。……夢だと思った。マジで。その次に寝直そうかと思った。

   ・°・(ノд`)・°・

 いいもーん、今度の夏コミは3連落ちの救済措置が発動されるはずだから。(多分)
 今、準備会への提出見本誌用として確保してある分も、提出されぬまま普通の在庫になる可能性有。……さすがに来年の夏には在庫なくなるだろうな。多分。(それって在庫が増えるという意味では……。)

 ……で、今年のイベント参加、もうないことに気付いてもっと落ち込み〜……。orz
 次は1月か……。先は長いな。(でも、気が付くと締切が目前に迫ってたりしてな。←いい加減に成長しなさい。)



 たまたま見ていて見つけた記事から。

「oricon style」読者が夢中な少女マンガ BEST10
  1  NANA(集英社)
  2  花より男子(集英社)
  3  ハチミツとクローバー(集英社)
  4  のだめカンタービレ(講談社)
  5  天使なんかじゃない(集英社)
  6  彼氏彼女の事情(白泉社)
  7  恋愛カタログ(集英社)
  8  ガラスの仮面(白泉社)
  9  フルーツバスケット(白泉社)
 10  ちびまる子ちゃん(集英社)

 「のだめ」以外、読んだことねーっ!!(衝撃)
 「ハチクロ」の羽海野さん、サクラダくんが昔SD本買ってたな〜、と思い出す。それ考えると羽海野さん、メッチャ出世しましたね。一般に対する認識が。よしながさんと似たようなケースみたいだが。(厳密に言うとちょっと違うかな〜。……どっちもSDやってたんだね。そういえば。まあ、同人バブル期を通っていれば「やってて当たり前」みたいなジャンルだったしな〜……。)
 ……それくらい? 矢沢さんって、確か私らの世代が「りぼん」を読んでる頃にデビューしたような気がする。実はあんまり絵が好きじゃなかった。(今もなんだが。)「ちびまる子ちゃん」の連載も丁度その頃からじゃなかったかな〜。……やっぱりそんなに好きじゃないんだが。(オイ)

 意外に健闘している集英社と白泉社。掲載誌自体はそれほどメジャーじゃないと思うんだけど。コミックス派が多いんだろうな。
 我振り返り、マンガの山を漁りて「少女マンガ」を探してみる。
 ……えーっと、「少女マンガ」ってどんなの?(「腐女子マンガ」なら数々……。orz)
 この前、池袋でジュンク堂に寄って買ったマンガ。楢崎壮太さん、久世番子さん、松山花子さん。……あ〜……、久世さんは少女マンガかな。割りと。(っていうか、そのラインナップだと、既に通常のコミックサイズじゃないやん。A5サイズだよ、A5。)
 ネタで「藤城さんが夢中な腐女子マンガ」とかやろうと思ったけど、洒落にならなさそうだからやめとこう。うん。



 「国内初のプロ」バスケットbjリーグが開幕。
 日本は体育館と言われている場所には必ずと言っていいほどバスケットゴールが付いてますし、義務教育中に何度もやる機会がありますし、大抵の学校の「部活」と言われるものの中には必ず「バスケ部」がありますもんね。
 今、そしてこれから活躍する選手なんかには、「『スラムダンク』を見てバスケを始めた」って人も多いはず。今のJリーガー達が「『キャプテン翼』を見てサッカーを始めた」という人たちがいるように。
 肥沃とも言える土壌が既にあるのだから、あとはどれだけ上手く人を集められて、宣伝が出来るかだよな〜。使える人脈、全部使って、ガンガン宣伝したらそれなりのものになると思うんだが。
 まずは3年で何処まで規模を大きく出来るかかな。勝負は。
 それにしても「bjリーグ」、いい名前持ってきたと思うよ。うん。バリボーの「Vリーグ」と比べたら。「バスケがしたい!」というコピーもストレートだし、何となくスラダンのあの名言を思い出させるっていう感じが。(笑)



 切ないですね。「急性骨髄性白血病」と聞くと。時代が変わって「治る病気」と言われるようになっても、「必ず」という単語が付くものでもなく、二分の一の確率と戦うことには変わりなくて。
 彼女はあの頃のアイドルの中でも、歌は抜群に上手かったので、その後、ミュージカル女優になったと聞いた時、素直に納得したもんなぁ。
 ……歌っているんでしょうね。きっと、いつまでも。



更新履歴:
「CELESTIAL ROOMS」
 「EventSchedule」修正。



2005年11月4日(金)

 修羅場のリバウンド発生中。まー、新刊頑張っちゃったからだろうねぇ。
 んー……何時間、何十時間でも眠れる……。ダメ人間。午前中に起きられたら免許更新に行こうと思っていたのに、目が覚めたら夕方だし。(2時間前に更新受付終了。)
 あー……追加製本もあるんだっけね。ちゃんと予定数作らないと、何部作ったのかマジでワケ分からなくなってしまう……。orz



 J・GARDEN前のお話。

 ヤマトにネットで集荷依頼を出したのに、時間を過ぎても来ねぇ。(またかよ。)
 しょうがないから、前回のイベントの時に使った伝票の「お客様控」に書かれていたドライバーの携帯に電話したら『あ、スミマセン。この番号だと、お客様の地区とは担当が違うんですが……』。ああ、そうなんだ……って、オイ!お前んとこのドライバーがこの伝票持ってきたんじゃっ!それも今年の8月にな。
 しょうがないので正しい番号を聞いてそっちに連絡したら、『スミマセン、こっちに連絡が入って来ていなかったので……』。うん、まあ、それはしょうがないよね……ってコラ!
 ……で、結果論から言うと、慌ててやってきたドライバーの兄ちゃん。
「スミマセン、僕が携帯を確認していなかったのが原因みたいで……」
 ……あーそうですか。犯人はあなただったのね……。orz
「確か前にもこんなことがありましたよね……。ホント済みません」
 …………覚えてたのか…………。orz (ちなみに日記のログを確認すると、今年に入って1月、6月に続き3回目だった。)
「割引させて頂きますので……」
 よし、許す。(オイ!)

 ヤマトのうちの地区担当のお兄ちゃん、優しくて丁寧で、「一生懸命頑張ってます!」って感じなんで、顔を見ると怒るに怒れなくなる自分。そしてクソ重い荷物を階段昇らせて取りに来てもらう罪悪感。(更に中身はホモ本と雑貨。orz)

 ……あのお兄ちゃん、「受」だよな。絶対。(←最低)

 そして昨日、会場から戻した荷物を、いつもの素敵な笑顔付きで持ってきてくれました。いつものように「スマイル0円」。……いや、10円くらいなら払ってもいいぞ。(オイ)



 J・GARDENの日。
 ……誕生日だったんだよねぇ。そういえば。(過ぎたことは早々と忘れる主義……っていうか、ただのボケ)
 まあ、ある意味節目となる年なんですが、そんな2005年の誕生日にオリジナル系ホモイベント(一部JUNE掲載系作品を含む)っていうのは、人生の縮図を見ているみたいです。……まあ、いいけどな。orz

 前日……ではなく、当日の午前2時。予定では、製本作業は終わり、オンバトも「ER IX」も見終わって寝るはずだったんですが、本の形にはなってるが、化粧裁ちに至っていない山積みの紙の束。真夜中に、大型裁断機を引っ張り出して格闘する誕生日。orz

 睡眠時間ちょっと足りな目で家を出発。「よっしゃ〜!今回は遅刻しないで済むぞ!」と思っていたのは新宿駅に着くまででした。……駅のコンビニに寄ったら山手線が「9:59」ってさ……。
 池袋でサクラダくんと落ち合って一路会場へ。……の前に。
 ……何で池袋に来ると、毎回毎回、池袋の駅の中で迷子になるんだろうな〜。西武池袋線の1階改札に一番近い階段を上がりたいのに、気が付くと全然違う場所に出てるんだよな〜……。(それは、新宿で電車を乗り換える場所からして問題なんだろうが。)で、帰りに必ずと言っていいほど「ここで……うん、ここに来るんだよな」と確認したりするのだが、これがまた、次回池袋に来た時には綺麗さっぱり忘れているっていう。
 池袋駅で迷わずに目的の場所に辿り着けるようになる頃には、J・GARDENの開催会場が池袋以外の場所になるかもしれない可能性有。(どうやら、文化会館開催は既に限界らしい。)

 なんか色々あったな〜、と思うのだが、「会場に人が多かったな〜」というのと、行きも帰りも「荷物が多かった」ということしか頭に浮かびません。家に辿り着くまでカート引っ張ってたなんて、本当に滅多にあるもんじゃないんだが。
 新刊が出た割にはのんびりしていたような気がします。
 あ、帰りに豪快に金使った気がします。本屋と電器屋で。売り上げが吹っ飛ぶくらい。……どうしようかと悩んで、結局途中下車して買い物するな、自分……。orz
(まあ、必要なものだったりするので。……パソコン用の英和と和英の辞典のCD-ROM買ったんですよ。広辞苑は既に入っているので、英和と和英を入れて、これで最強。辞典を傍らに積んでおかずに済むという。)

 この後から今週一杯、起きてる時間より、眠ってる時間の方が長いです。パソコン立ち上がるのを待っている間に寝落ちしてたり、その辺で行き倒れるように寝てたりします。
 ……不思議なもんで、目が覚めると布団の中なんですよね。本能って素敵。(←違う。妹くんがズルズル引き摺って布団に押し込んでいるだけ。)



 なんか色々貰ったな〜。今年は珍しく。うん。まあ、「20歳」の誕生日だから。うん。(殴)
 貰ったはいいが、相手の誕生日はとっくに過ぎたのに、プレゼント上げてないような気がしないでもない人が数人……。orz



 そういえばこの前Cityに行ったときのこと。国際展示場の駅の北側の遠くの方に、見覚えのあるビルが見えました。
「あれ〜?汐留の電通本社ビルと、コンラット東京の入ってるビルに似てるな〜」
 ……似てるんじゃなくて、そのものでした。そうか、汐留はあっちの方なのか……。



 これから誕生日のくる妹くんにも免許の更新お知らせハガキが届く。
「……今度の更新でゴールドっすよ……。マジで『アクセルペダルって、左右どっちだっけ?』という人間が」
 うちら姉妹は免許を取って以来、車の運転席でハンドルを握っていません。最後に運転したのは、教習所の卒検の日です。(大威張り)
 まー、そもそもうちの車のハンドルを握るなんぞ、父が断固阻止しますからな。娘の心配じゃありません。「車の心配」の方です。
 「車買って、もっと乗れよ!」と思うでしょ? この辺ではね、車を1台維持するのに、犬猫1、2匹飼うくらいの費用が掛かりますよ。マジで。駐車場代、5桁の大台に乗るくらいですからね。相場が。(うちから1、2キロ駅寄りになると、その倍するという話もある。)
 更にはね、公共交通機関、メッチャいいんですよ。駅に出るバスが一時間に10本〜20本来ますから。家から車で吉祥寺に行ったら40分掛かりますよ。でも電車とバスで30分なんですよ。あと、夜、酒飲んで帰ってくるでしょ? お迎えを呼ばなくても、駅からのバスが日付変わる頃までありますからね。車買って維持する理由が見つからん。(バス逃しても、タクシー1,000円くらいで帰れるんだが。)

 アタシもあと3年したらゴールドだわ〜……って、その前に、初回更新にさっさと行け、自分。更新期限まで1カ月切ったぞ。orz



更新履歴:
10月29日(土)分
「CELESTIAL ROOMS」
 「Publishing」新刊追加。



Diary Top
Diary Top
2005年10月分
Back
2005年12月分
Next



Hr22a-Brown Terrestrial Garden - Top Hr22a-Brown

Copyright (C) Since 2002
Shiho Tojo/Terrestrial Garden/CELESTIAL ROOMS
All Rights Reserved.