TerrestrialGarden Top > Diary > 過去を放り込んだ倉庫 2006年2月分


Diary

過去を放り込んだ倉庫
2006年2月分


2006年2月19日(日)

 そんぽ24のCMを見ながら、ハナコアラと共にダンスを踊るアホ姉妹。
 ……でもあれって、意外に難しいんですわよ。奥さん。(誰だよ)



 前回のあらすじ。
 この前、コンビニのコピー機の中に取り残されていた銀行の通帳と遭遇した藤城さん。びっくらこいて店員に自首……じゃなくて、渡しました。
 新しい物語。
 コンビニのコピー機にて、再び前使用者の忘れ物を発見。

 健康保険証。

 それも警察組合の。

 いや〜、初めて見たな。警察官の保険証。
 名前は覚えてないが、何故か記憶しているのは、その保険証の持ち主が私よりも「1歳年上」だったということです。
 もちろん自首……じゃなくて、即効店員にお渡し。レジの客を押し退けて。

 ちなみに以前、「死亡診断書」(もち原本)をコピー機の中から発見したこともあります。
 今度は「離婚届」(原本)でも入ってるんかな。(それ、コピーを取る理由はないのでは。)



 税務署から書類を貰ってきただけで還付申告した気になってるバカがここにいますよ〜。
 還付申告は確定申告と違って、2月16日以前でも可能なのに、保険会社からの控除証明書も届き、書類が揃っているのにもかかわらず、混み始めてから気が付いたバカがここにいますよ〜。



「なんにもしたくない、なんにもしたくない、なんにもしたくない……」
 マジでそんな気分なのでそう呟いてたら、妹くんに「それ、暗示?」とか言われました。
 パソコンを立ち上げて約15分。……落として寝るかなぁ……。(←3時間前まで12時間も寝てた人。)
 ちなみに、パソコンを立ち上げたのも3日ぶりくらいです。マジで。(反動っぷりが重症かもしれん。)



更新履歴:
「CELESTIAL ROOMS」
 「EventSchedule」に3月のCityのスペースNo追加。
 「Publishing」に在庫状況を更新。



2006年2月14日(火)

 バレンタインならではのお話。
 若い男の子から熱烈な告白を受けました。

「きしょっ、きしょっ、きしょっ、きしょっ、きしょっ……」

 orz

 てんちゃん……。だからそれは「好っき、好っき、好っき、好っき……」のはずなんだってばさ。

 告白を貰う相手が1歳のセキセイインコのオスであることは、考えない方向で。
 更にはそんな彼は、誕生日やらクリスマスやらお正月を一緒に過ごした相手だったりするのも無視する方向で。



 週末に毎年恒例の鍋ぱーちーに参加する予定が、税務署遠征の無理が祟ったのか、扁桃腺の痛みが耳まで駆け上がるという久しぶりの衝撃にのた打ち回ってみました。なので、鍋&お泊りをキャンセルして、翌日のお墓参りのみ参戦。
 ……毎年恒例の行事であるのだが、毎年各自の状況がほとんど変わっていないというのは……まあ、そんなもんか。変わっているのは仕事くらいじゃねーか?

 とりあえず最近周囲でよく言われる迷言は、「結婚する意味が分からない」です。
 「既成概念の破壊」、「常識超越」……なんて言うとちょっとカッコイイが、要は「自分が一番可愛い」だと思います。
 「男はいらんが、金は欲しい。いくらでも」
 これもまた迷言か。



 ようやく、本当にようやく見終わりました。「ER」。
 結局第8シーズンの3話目の途中から見始めたことが分かり、そこに辿り着いたので終了。暗い話も多いが、結構面白かったです。……なので、ちょっぴり寂しい。
 とりあえずマークが「ERのお兄ちゃん」ということで妹くんと意見が一致。更には第1シーズン、第1話目の初診療で貧血起こしてブっ倒れた医学部3年生のカーターくんが、第8シーズンではスタッフドクターにまでなったという、「カーターくんの成長物語」であるということも分かりました。
 ……それにしても皆さん、お手軽な職場恋愛に走り過ぎです。



 なんか気が向いたので、ものすごい勢いで増刷作業なんぞしてみようと思います。
 多分「Romantic Garden」は最後の増刷になるかな〜。……っていうか、最後にしたい。今更ながら、意外に手の掛かっている装丁だなと気が付いた今日この頃。



 パソコンの画面の中では、レーザプリンタのプリンタドライバが完全にフリーズ。
 なのにデータがプリンタにちゃんと流れ、完璧に印刷出来る不思議。

 まあ、目下の問題としては、プリンタドライバがインストール済みであるのにもかかわらず、レーザプリンタを繋ぐ度にプリンタドライバを認識してくれず、「プリンタドライバのインストール」という画面が出てくることだと思います。
 更にその問題に追い討ちを掛けるのは、「プリンタドライバのインストール」画面に従って、プリンタとドライバを関連付けてやる作業をしてやってるのに、最後にはエラーが出てくれやがることです。
 ついでに言うなら、「プリンタドライバのインストール」画面をシカト……もとい、キャンセルしたにも関わらず、印刷時にレーザプリンタを選択すると、何の問題もなく印刷出来てしまうものどうかと思います。

 とりあえず、本当に一番の問題は、「Canon LBP-250」のプリンタドライバが「Windows XP」に「対応していない」ことだと思います。
 ……もう動けばいいよ。どうだって。

 ちなみにもう一つのプリンタ、インクジェットの「Canon BJ-F6100」ですが、本当にいつブッ壊れてもおかしくないのに、まだまだ現役バリバリ。ついこの前、筋が入ってしまったのだが、掃除したりカードリッジを変えたりしてたらまた完璧に。
 妹くん、「すごーい!」と素で感動しておった。……ああ、私も感動するよ。マジで。



 ある日のことでした。
 最近、髪を伸ばしっぱなしにしていたため、前髪が目に掛かって邪魔だったので、カチューシャなんぞをしていました。
 その日、上下黒のパジャマを着て、家の中をウロウロしておりました。
 ふと、姿見用の大きい鏡の前をスッと通り過ぎた瞬間、鏡の中に映った人物を見て思いました。



 あ、長州小力。



 orz



 自分だろ自分だろ自分だろ自分だろ!
 鏡の前をその瞬間通り過ぎたのは自分だけだろっ!!

 ……お客様の中で、子牛をお持ちの方はいらっしゃいませんかっ?(錯乱中)



2006年2月10日(金)

 インクジェットプリンタのインク、レーザプリンタのトナー、マウス等23,000円相当の買い物を一銭も払わなかった。
 全部「ポイント」でお買い物。……当分、これらのものを買い込まなくていいな。うん。

まうす  で、右が前のマウス、左が新しいマウス。
 新しいマウス、小さっ!
 個人的には、マウスを使う時は指先でしか動かしてないので扱いやすくていいのだが、妹くんには微妙に不評。
 ……私のパソコンのマウスだが何か?(どうも感度が良過ぎるらしい。私はいいんだが。)

 ノートとはいえ、パソコンの置き場が固定されていない(使う場所と仕舞う場所が別)ので、このマウス、小さい上にコードが巻き取り式なのがお気に入り。
 赤とか、青のボディのもあって質感はそっちの方が気に入ったのだが、妙に目立つので無難に黒。パソコンに合わせてシルバーにしようと思ったんだが、シルバーの質感が気に食わなかったという。……一体何の質感を気にしてたんだか、ここまで来ると自分でも意味不明。



 2月の通院。
 病院まで自転車で15分だというのに、予約時間の「10分前」に家を出た人。……うん、でも病院で30分くらい待たされたんだけどね。またそれを見越して行ってる辺り、ダメな人ですね。
 いつものように「どうですか〜?」と尋ねられるので、気の済むまで暴走する件を話すと、先生が「うーん」と唸り出す。
「その加減は一体どうしたら……」
 それを聞きたいのはこちらも一緒です。
 とりあえず薬を少しずつ変えていっている効果が出ているものとして、そのまま続行。
「( ・д・)ノ 先生!食欲が止まりませんっ!!」
「食べられないよりはいいんじゃない?」
 ……そうかぁ。食べられないよりはいいのかぁ……。(←根本的なトコロから間違えている人。)
 だがまあ、今回の問題点としては、新宿にトナー諸々を買いに行く途中で懐かしい症状復活。
「いーやーっ!これって久々のパニック症〜っ!」
 最近出掛けた他の時には起こらなかったので、どうも「一人で電車に乗ってお出掛け」したのが原因かもしれない。(最初は一人でも、途中で友人等と合流する時は平気だった。)
 そのお話をして、先生がカルテをペラペラと捲る。
「……あー、リボトリールってまだ残ってたりします?」
「……リボトリールって、どんなんでしたっけ?」(半年以上前なので忘却)
「銀色のシート状になってるやつ」
「あー……確か1シート(10錠)くらい残ってますね」
「じゃ、それでいいや。また不安な時に飲んでね」
 ……なんてアバウトな……。(笑)でも、薬についてこと細かく注意を受けたりしないということは、薬の飲み方に関しては信用されているということだと思いました。勝手に。(鬱関係で「一気飲み」とかやらかしてしまう人だと、結構細かく管理されたりする。)

 この日は通院のついでに長距離遠征予定。
 まずは病院から自転車で10分くらいの所にあるPCショップへ。インクジェットの黒インクが入ってるカードリッジが寿命を迎えやがったのでその補充。

 そして片側二車線の大きな街道に出てひたすら西へ、西へ、西へ。目的地は税務署。
 風が強くて自転車が前に進まず。更には何気に起伏の激しい街道でございました。とにかく、西へ、西へ、西へ、西……へ……あ……あ〜……くっ…………うっ……。(そして自転車ごと風に煽られて転倒。)
 今ならまだ、ハンドルを左に切れば家に帰れる……。いや、とにかく今日税務署に行って書類を貰ってこなければ……。だがしかし、この風では私の体力がもたないっ……。まだ控除申請の書類が揃っていないんだし……。

「最後まで…希望を捨てちゃいかん。あきらめたらそこで試合終了だよ」

 あ、安西先生っ……!!

「税務署に……行きたいです!」

 ……強風の中で私が見たものは安西先生……ではなく、目印代わりに覚えていたカーネル・サンダースだったかもしれません。ケンタッキーの。(店頭に掲示してあったチキンポットパイの広告に釣られて、危うく自転車ごと店に突っ込もうかと思いました。マジで。)

 途中で街道から外れ、ショートカットしようと、住宅街の中の道を記憶を頼りに自転車を走らせるのだが……何、このでっかいマンション。こんなもの、ここにはなかったはずよ。(自分の記憶の中には。)更にはそのマンションの隣に広がる、広大な再開発用地(更地)。……何、ここ……。
 とりあえず叫んでみました。
「ここは何処ーっ!!」
 ……暫くしてから気付いたんだが、どうやら私が見たでっかいマンションの正体は「公団の賃貸マンション」。実はそのマンション&隣に広がる広大な再開発用地は、昔、公団の低層住宅団地だった場所で。数年前から建て替えに入っているという話は聞いていたが、予想外にデカイマンションになっていたもんだから、あら、びっくり。
 うん、まあ、自分のいる場所は分かったんだ。そして目指す税務署近くにある、鳩のマークのスーパーも発見したんだ。思っていたよりも遠くに。

 ………………うん、だから、ここ何処?(既に迷子以外の何者でもない状態。)

 とにかく幸せを求めて……じゃなくて、目印である鳩のマークに近付こうとキョロキョロしながら自転車で暴走。うっかり赤信号に気付かずに飛び出して交通事故……の2歩手前。(あの時の軽トラの運転手さん、ホントに申し訳ない……。)
 ウロウロと走っていたら「税務署入り口」の看板発見。その通りに走って行ったらなんとか税務署に到着。
 確定申告は16日かららしいが、控除申請は既に手続きが出来るんですってよ。知ってました?

 書類が全部揃っていれば、この日に全部書いて出してきても良かったんだけどね……。
 前日に必要な書類等を掻き集めてみたのだが、何処を探しても「生命保険控除証明書」がない。確かにこの部屋には「片付け」という概念はない(オイ)が、さすがの藤城さんも、自分宛に届いた郵便物には目を通し、大事なものは確実に取ってあるわけですよ。だけど、今回、「生命保険控除証明書」を見た記憶もない。確かに物忘れは激しいが、金が絡む大事なものは一度見たら忘れません。(ガメツイって言うな。)
 まさかと思って母に聞いてみたが、「探したけどない」という返事。更には同じ生命保険会社に入っている妹くんの方の「生命保険控除証明書」も見つからないとのこと。前回は12月中に届いた記憶がある。(そしてその控除申請を会社でした。)
 ……それってさ。こちらが紛失したんじゃなく、「そもそも送られてきてない」んじゃねーか?という結論に達し、ネットで再発行を依頼した。
 手続き一覧で再発行を依頼する項目が「書類の紛失」というのがメッチャムカツクんだが。紛失じゃないよ。そもそも「こちらの手元に届いてないんだから」。(怒)

 で、今回の申告は何をすればいいのかということで。
 ・とりあえず8月分までの源泉徴収票がある。
 ・株の売買でちょっとだけ利益が出ている……が、源泉徴収有の口座なので、書類上は既に納税処理済
 ・医療控除申請(年収の5%オーバーなので)
 ・8月以降の国民年金保険料の控除
 ・8月以降の国民健康保険税の控除
 ・今年の生命保険料の控除
 ネットで簡単に計算をしてみたら、実は結構な金額が戻ってくることに気が付いて、思いつく限りの資料を集めて控除申請し捲る予定。
 でも、株の源泉徴収有分は、別に特別申請しなくてもいいらしい。 「でも、今、税金が二割くらい安くなってるから、株の利益分と給与所得を足して申請すると、ちょっと多めに返ってくることもありますよ」と言われ、心が揺れている……というか、いろんなことを色々言われて、今現在、言われたことの半分くらいしか覚えておりません。まー、「生命保険控除証明書」が届いたら、全部持って税務署に行ってきます。で、手取り足取り教えてもらうさ〜。
確定申告

 ……で、とりあえず色々と貰ったんだけどね。この厚さにげんなりした上、中の説明書きを読んで脳の機能停止。
 久しぶりだな〜。「何が分からないのかが分からない」っていうのも。中学高校の数学以来か。日本語のはずなんだけど、何が書かれているのかワケ分からん。

 税務署から自転車で5分くらいの所に母校(高校)があるので、ちょっと脚を延ばしてみました。
 昔は周りに畑しかなかったんだけどな〜。(笑)なんか色々出来てましたね。小僧寿しとか、バーミヤンとか。あと、駅から真っ直ぐ伸びている新しい道路が出来たので、私らの時は駅から15分くらい掛かったものの、今は10分くらいで行けるのかな。便利になったねぇ。
 ……まあ、高校で一番変わったのは制服なんだが。そして都立の高校だから、多分私らがいた頃にいた先生は軒並みいないこと請け合い。(6〜10年で転勤だろうから。)

 駅前とかも変わった店と、変わらない店と。変わった店が昔、何の店だったかがほとんど思い出せなかったのはちょっと悔しい。そして駅前から大きい街道を今度は南下。
 途中、イレブンに寄って夏コミの申込用紙のコピーを取ろうと思ったのだが、蓋を開けてびっくり。

 ……なんで銀行の通帳がこんな所に取り残されておりますか?

 とりあえず店員さんに「忘れ物です」と渡したものの、店員さんも困り顔。……それ、時間のあるときに2、30m先の銀行に預けてきた方がいいと思うよ。そうすると銀行から相手に連絡してもらえると思うから。
 ……うん、そういうお役立ち対処法、店員さんには言わなかったけどな。(オイ)

 さて、岐路に着く。今度は南東方向に向かって走る。ひたすら走る。住宅街の中を走り抜ける。知らない土地でも構わず突っ走る。そのうち知っている風景に辿り着くだろう、と。
 針式の腕時計なんかで、大体の方角って分かるんですよ。短針を太陽の方に向けると、ちょうど文字盤の「12」の方向が南側になるという。もちろん、実際の方位磁石なんかと若干の差はあるが、基本的には季節を問わず、太陽が見えていれば有効な手段。

 家に帰り着いたらぐったり……どころの話ではない。階段を上らねば帰れないと言うのに、その階段を昇るのが一苦労。
 翌日、筋肉痛が出なかっただけよしとしよう。……その更に翌日に出たりして。
 よくよく考えてみれば、駅五つ分くらいの距離は走ったんだよな〜。我ながらすげえや。



 いろんな意味で頑張りすぎたので、プチプルー……。



LIVE-GYM 2006  B'z Live-gymの日程が確定。東京は8月10日(木)、12日(土)、13日(日)で東京ドーム。
 ちなみに夏コミの日程は8月11日(金)、12日(土)、13日(日)で有明ビッグサイト。
 ……寸前まで修羅場ったら死ぬ。確実に。
 最悪のケースで考えてみると、受かるとしたら夏コミ3日目。で、13日の東京ドーム公演。朝5時起床でサークル入場して、午後4時頃までいて、開演が18:00。帰宅時間が午後11時前?……死ぬな。うん。でも取っちゃいそうな自分が素敵。(コラ)
 ……あ、修羅場って終わらなかったら、新刊諦めればいいのか!(……が、そう簡単に諦められるものでもないことは自分が一番よく知っている。)

 まあ、色々あるが……夏コミ及びLiveのシーズンに自分が何をやっているのかが全く想像付かないところが1番の問題かもしれない。



2006年2月5日(日)

 節分で「恵方巻き」を食すのは関西方面の文化だそうで。恵方巻きを黙って食すらしいですね。(うちの文化は東北方面。)
 ……ってことは、いつもは賑やかな大阪人も、「恵方巻きを食い終わるまでは一っ言も喋らない姿が見られる」ってことですか?なかなか貴重な瞬間ですね。……本当に黙っていられるのだろうか……?(かなり失礼。)

 ちなみに、てんちゃんにもお豆をあげました。
 ……びっくりして逃げていきました。細かく砕いたらちょっと食べたけどね。



 てんちゃんが我が家に来てから、今日でちょうど1年になります。
 1年前は産毛からようやく一人前に羽根が生え揃った頃。まだ鳴き方も「ぽよよぽよよ……」と頼りなさげ。しかし1年経った今では、ピヨピヨどころか、カゴの中で人の気を引きたい時はだみ声で「てーんちゃんっ!」。カゴの隅っこやカゴの外でボール相手にお喋りすれば、「てんちゃん、いーこ」、「こちょびたい」「こちょこちょこちょ」。……それどころか妹くんの名前まで。
同一鳥物

 せっかくなので、今のてんちゃんと1年前のてんちゃんを比べてみました。左が1年前。右が今日。

 ……別の鳥だろ!
 微かに淡い紫掛かった色が珍しい、そしてシャギーまで入ってる可愛らしい子は、多分夜中に誰かがすり替えたんだと思います。(誰がよ?)

超高速

 うちに来た頃はまだのんびりとしていたので写真撮り放題でしたが、最近はカゴから出たら1秒たりともじっとしていないので、こんな→写真ばっかりです。……てんちゃん、オーラが出てるよ、君……。(てんちゃんが2羽、とか。)



 このノートパソコン(SONY VGN-E50B/S)を買った時に一緒に買った光化学マウスが「ケーブルの切断」という、痛ましい事件の被害者になりました。orz
 尚、「意図的な殺意」はありませんでした。知らないうちにケーブルの根元が破損していたという、「業務上過失致死」です。決して私の取り扱いが荒いとか、雑だとか、ガサツだとか、乱暴だとか、ケーブルを引っ張ったりだとか、マウスを持ったまま踊っていたりとか、踏ん付けたりとかとかとか……そんなことは決してございません。(その割りにいやに具体的。)
 せめてこの前の土曜日あたりに壊れてくれたら、日曜日、イベントの帰りにさくらやのポイント(50,000ポイント超)を使って買ったのに……と思いましたが、土曜日は正しく「修羅場」。それも睡眠がほとんど取れなかった修羅場なので、その時、本当に壊れていたら、私は発狂していることでしょう。マウス壊れて、所有者も壊れる。はっはっは。(山○君、座布団全部持ってっちゃいなさい。)

 どうこうしても直りそうになかったので、パッドを使おうと思ったものの、ワタクシ、これで以前「激しい肩こり」を経験したため、それはマズイということで、買ったものの滅多に使わなかったペンタブを接続。……カーソルが何処かに消えました。そして本人の意図していない動作が起こりました。ダメじゃん。

 そういえば、前のパソコンでもマウスを一度ブッ壊した記憶があります。「マウスって壊れるんだ〜」と感心した覚えがあるので。(そんな感心はしなくていい。)

 何となく外に出たくない(多分、修羅場の反動)のだが、マウスがなければパソコンで行う作業が出来ない(こともないが大変な)ので、買いに行かねばならぬのか……と諦め掛けたところ、ふと、以前の機種で使っていた、ボールマウスがUSB接続だったことを思い出し、試しに繋げてみたら……あら、使える。じゃ、とりあえずまた出掛ける気になるまで、これでいいやと安堵のため息を吐くのでした。……「ため息」を素で「ダメ息」と入力してしばらく気付かなかった自分が素敵。
 そんなこんなで安心した藤城さんは、押入れから妹くんが片付けた毛布を引っ張り出し、本日2度目の睡眠を貪るのでした。
 ……起きろよ、自分。

 新しいマウスを調達することになりましたが、とりあえずVAIOの純正マウスはもういいや。(高いから。)
 個人的にはワイヤレスマウスに惹かれるものの、「ワイヤレス=ケーブルがない」ということであり、通常のマウスがケーブルから電源を取っているということは、ワイヤレスは電気を飛ばしている……と、うっかり間に入った暁には感電してしまうので、マウスの中に電池を入れるということで。……もしかして電池の分だけ重い?(電池って意外に重いよね?)
 あとは、行方不明になった時、ケーブル有はUSBポートに差したケーブルを辿ればマウスに辿り着くが、ワイヤレスの場合は「辿るべきケーブル自体がない」わけで。携帯電話が行方不明になっても、自宅の電話から携帯に掛けてみれば、何処かで鳴る(電源が入っていて、圏外じゃない場合)が、マウスは「ボクはここだよっ!」と教えてくれないわけで。
 切羽詰ってる時に鬼ごっこをする余裕はないだろうな〜。(マウスは自主的に「隠れる」のではなく、自身の手によって「隠される」という事実は考えなかった方向で。)
 まあ実際、1回行方不明になったら、紐を付けると思うんだよね。……それじゃ〜ワイヤレスの意味ないやん。

 上の文章を一言で纏めると「マウスが壊れた。昔のマウスが使えた」の17文字で済むというのは、面白くないので考えなかった方向で。



 「コピー本の作り方」アンケート。
 ちまちま集計を始めてみました。叱咤激励、本当にありがとうございます。( ̄人 ̄)
 全部が全部「Yes」という意見だけではなく、「No」という意見もあるのでたまに凹んだりしますが、これは今の場所に安住するのではなく、自分が見えていない、より良い方向へ向かうためのヒントだと思っているので、本当にありがたい限りです。
 環境は「Win+IE派」がダントツっぽい。やっぱりなという感じ。ADSL回線が半分くらいかな〜。光ケーブルが意外に多いなという感じ。でもやっぱりアナログ回線の方もいらっしゃるんですな。今現在、日本の回線普及度ってどうなってるんでしょうか?全国的にADSL回線までは大きな設備投資ナシで導入可能なのかな〜?

 「日記が面白いです」というメッセージもちらほらと。
 ……………………………………………………子牛、探してくる。(何故?)



 昨日だったか。  新聞を開いたら、社会面の広告に「2006年開学の大学院教授に映画監督の大林宣彦氏」というものがあって、「あー、何処の芸術系大学かな〜」と思って学校名を見た。………………椅子から転げ落ちた。
 母校やん……。orz
 正確に言うと在学していたのは、現在の大学の前身だった短大の方なんだが。あー、そう言えば恩師から以前、「四大の最初の卒業生が出る頃に大学院を作るらしいよ」的なことを聞いたな〜。……実際には予定より2年ほど遅れたみたいだけど。まあ確か、四大に組織改変するのも予定より1、2年遅れてたっぽいしな。
 ……もっと早くからやってくれれば、大学に残ったのにな〜……。(費用は考えなかった方向で。)もう今じゃ、戻るに戻れん。頭が。(自滅)



 すっごく気が向いたので、増刷作業なんぞをしたのですが、途中で交換したレーザープリンタのトナーが最悪。
 Canonの純正品ではなく、リサイクル品だったんですが、最初の100枚くらいは何ともなかったものの、その後がムラ出来まくり。純正品だと「A4で2500枚刷れる」という規格なのだが、今回初めて手を出したリサイクル品がもう、どう考えても「A4100枚」程度で「これ、売り物に出来ないわ」というレベルに。見た目でも若干一部分が薄くなっても「……気のせい?」レベルだったら気にしないんだが、明らかにムラ出過ぎ。純正品より一割安い程度でもこれじゃ……。orz

 インクジェットのインクカードリッジはこの前の裁判で、リサイクル品NGになりましたね。個人的にもインクジェットのカードリッジは高過ぎると思うんだけど。
 なので、アタクシはたまにリサイクル品そのものではなく、自分でインクを詰め替えるものを使ったりします。Canonのカードリッジ、2、3回インクを詰め替えて使っても品質には問題なかったし。(でも、さすがに10回、20回は使わない。)  インクジェットの再生品はどうなんでしょう。使ったことはないけど。(問題になるのはカードリッジそのもので、インクに大きな違いはないと思うが。)

 とにもかくにも。
 今後レーザープリンタのトナーについては、リサイクル品に手を出さないと思います。……無駄になるのはトナーだけじゃなく、紙もなんだよ……。orz

 ちなみに先日、部屋の中に溜め込んだ純正品のトナー3本を解体し、中にまだ残っていたトナーを集めて別の使用中のトナー内に注入しました。それでA5、300枚くらい刷れたな〜。多分。(ドライバー1本あれば解体出来るが、こういった物の解体作業をしたことがない人には、あまりオススメは出来ない。そしてその作業後、鼻をかむとティッシュに黒い鼻水が……。←当たり前やがな。)
 そんなこんなで、これからリサイクルトナーを解体し、中のトナーを出来る限り掻き集めて、別の純正品の方に追加して作業を続けようと思いました。……「セコイ」って言うな。レーザーのトナーは結構いい値段する。(トナーを2本買うと、A4のインクジェットプリンタが買える位の値段になる。)
 とりあえず今、この狭い部屋の中に、トナーが「5本も」転がってるのがおかしいと思います。……店に持って行かねば。(プリンタメーカーのリサイクル箱が設置されているお店ならその中に。置いてなくても、トナーが置いてあるフロアの店員さんに「トナーの回収をお願いできますか?」と尋ねると大抵は引き取ってもらえる。)

 ……とりあえず、純正品のトナーと、インクジェットの詰め替え用インクと、マウスを買いに新宿に行くか……。ああ、使い終わったトナーも持っていかないと。
 ああ、大型ホッチキスの芯も買わねば。



 頭がチリチリと痛いのは、ただ単に寒いせいなのか、風邪をひくのか……。



Diary Top
Diary Top
2006年01月分
Back
2006年03月分
Next



Hr22a-Brown Terrestrial Garden - Top Hr22a-Brown

Copyright (C) Since 2002
Shiho Tojo/Terrestrial Garden/CELESTIAL ROOMS
All Rights Reserved.