TerrestrialGarden Top > Diary > 過去を放り込んだ倉庫 2006年10月分


Diary

過去を放り込んだ倉庫
2006年10月分


2006年10月26日(木)

 む、難しい……。orz
 分からない人に「分かるように説明する」のも難しいが、その前にその人が「何が分からなくて、何が分かっているのか」から探らねばならないわけで。「全て分からない」と一からどころか、ゼロから補完していかなければならないわけで。
 時代だね。「同人誌」を手に取ったことがなくても、「作る」という言葉が出てくるというのは。



 えー、「日記が更新されてない。早く更新すれ」とメールが来ました。身内から。のおおぉぉぉ……。orz
 まあ、いつもの如く「日記を更新するのを忘れていた」というやつですよ。ってか、前回から一週間以上空いたなんて思いもしなかった。(何してたんだ、自分。)



 全国の高校生3年生の間で阿鼻叫喚されている(日本語崩壊)必修科目未履修問題。他人事なのでヘラヘラ笑いながらニュース聞いてました。
 確か、高校入る時に言われたけどな。「高校は義務教育じゃないですよ。必修科目を全部取った上で、選択科目も含めて○単位以上取らないと卒業できませんからね〜」って。生徒手帳とかに書いてなかったっけ? 必修科目とその単位数とかって。学校が率先してやらないってのも「どうなのさ」って感じだが。
 まあ、申し訳ないけど「運が悪かったね」としか言いようがない。世界史が槍玉に挙げられてたりもするが、この世の中「歴史は繰り返す」んだよ。何度でも。受験には役に立たないだろうが、何かの折に役立つとは思うけどね。「受験」しか見てないと、大学入った後で、突然何かを見失うこともあるかもしれんのにな。
 何はともあれ、他の人がちゃんとやったことをやってなかったのだから、やらなきゃならないだろうなぁ。こればっかりは。
 まあ、その辺色々と突き詰めていくと、辿り着くのはいまだ「学歴社会」ってヤツなんだろうなあ。つまらん。

 色々と記憶の底から湧き出てきたので、高校時代の思い出話なんぞ。

 私は数学が壊滅的にダメでして。中間テストか何かで「今回の赤点ラインは13点以下」と言われて、自分が手にしている解答用紙の点数が「13点」だった時の衝撃。そして隣の席の男子が12点だった。「お前に勝った」と喜んでいたら、一緒に赤点コース。アホだな、自分ら。(彼とは3年間同じクラスだった。まあ、それも縁。)
 期末テストの後はすぐ試験休みに入っていたので、赤点ラインギリギリの点を取ると担任から家に電話が掛かってきたりしたのですが、当時の担任の『数学、もうちょっとなんだから、何とかならないのか?』の声に、「でもね、先生。私にとっては、数学の点数を5点上げるより、それ以外の教科の点を10点ずつ上げるほうが簡単なんですよ」と言ったら絶句されました。いや、それマジだったから。数学以外は本当に平均以上の点数取れてたから。
 その後、数学の点数が多少……どころではなく凄まじかろうと、担任から何か言われることはなくなりました。まあ、早い話が「見捨てられた」ってヤツだと思います。今となってはいい思い出です。ええ。
 ちなみに、最終的に私は数学の単位を無事何事もなく修得、進級出来ました(赤点取ったのは1回だけ)が、前出の「12点の男子」は数学の単位を一単位だけ落とし、仮修得と言う形で進級。3年次の選択授業で落とした数学の一単位分を余計に選択せねばならなかったという。はっはっは、ザマミロ。(オイ)

 未履修問題で話題の世界史は、私の高校時代は確か2年の時の選択だったな。社会科は世界史か地理、理科は化学か物理を選択しなければならなくて、それによってクラス分けが決まるという。それで世界史と化学を選択したな。確か。
 地理はね、地名とか覚えるのはいいんだが、山脈の名前とか、地形とかを覚えるのは丸でダメでした。似たような理由で、1年の時に何故か必修だった地学もヤバやった。花崗岩とか、全く分からん。(実は星座とか天文系もからっきしダメ。何故かは分からんが、そういう系統が苦手だった。)
 同じ覚えるなら世界史の方がいいってことでそっちを選択。理科で化学を選んだのは「物理はサイン、コサインが出てくるらしいが、化学はいいとこ一次方程式止まりだ」と聞いたから。……現実は物理の方が楽勝コースだったらしい。授業やらんで、映画見てたとか。orz

 高校時代の心残りとしては、日本史の授業が一コマも取れなかったことだ。面白いのになあ。
 確か3年の選択科目で日本史が入っていたのだが、選択授業が確定する前まで経済学部系に行こうと思っていたので、同じ時間枠の「政治経済」の授業を取ったら、日本史が取れなかったというか、どうしようもなかったというか。(結果的に経済学部へは行っていないが、マーケティングの授業があったので、やってることはそれと似たような学部だったことは確かだ。)
 実は現代社会とか政経の成績はズバ抜けて良かった自分。これと芸術選択の音楽のお陰で、推薦が貰えた……と思う。(音楽はその昔、エレクトーンをやっていた関係上、譜面が読めるし、歌の時も譜面の音をすんなり声で出せたのでので、楽勝以外の何者でもなかった。今はもう無理。)

 そういえば、3年の必修授業で確か「論文表現」とかいう、早い話が受験時の小論文対策の授業があって、授業の基本は一つのテーマについて二つの対立する意見を出して討論し、いろんな考え方を学ぶ……的なものだったのだが。
 アホっ子藤城、二つの対立する意見が揃ったところへ、明後日の方向にズレた(でも間違ってはいない)「三つ目」の意見を投入して現場を混乱させること数度。「いや、それ間違ってないけど、混乱するから止めて……」と困り顔の先生がそれなりの成績を付けてくれたことには感謝してますよ。ええ。……でも、三つ目の意見があってもいいじゃんかよ〜。(まだ根に持ってんのか。)

 いやー、目にした担任も一瞬絶句する凄まじさ。政経、音楽のブッ千切り具合と、数学の正反対にブッ千切り具合にも程がある成績……というか内申書。それが高校時代の勉強の記録。
 でも一番学んだのはオタクの道です。orz

 ちなみに。
 世界史が必修科目になったのって、1994年度からなんですってよ。えー、私ん時、必修じゃなくて選択だった……って、歳がバレるがな。



クロネコのAちゃんが見てしまった牛さん柄  噂の牛さん柄。J・GARDENの荷物を取りに来たクロネコのAちゃんが見てしまった牛さん柄。マジでピンク地の牛さん柄。
 何でこんなパジャマがあるかというと……えーっと……また高校時代の話になってしまうま。(殴)
 それは昔々……というほど昔ではないと信じている、かれこれ○年前のこと。高校3年生にして初めて「麻疹」に掛かった時のことです。誰がって、私が。
 実は麻疹の症状が出るのに、もの凄い時間が掛かりまして。4、5日ほど原因不明の熱に浮かされ、近所の医者にお手上げされて市内の公立病院(現在鬱で通院しているところ)に担ぎ込まれたその瞬間に、ようやく湿疹が発症。皮膚科医の「あ、これ麻疹」の声に、親が「アンタ、麻疹やってなかったのっ!?」と素っ頓狂な声を上げて周囲の注目を浴びたのも、今となってはいい思い出です。……ええ、本人もその時初めて「麻疹に掛かっていなかったこと」を知りました。
 病院帰りに何処かに寄って、「大量に汗掻くから、着替えのパジャマを幾つか買った」その中の一つがこの牛さんです。
 ちなみにこの麻疹の原因は、体育祭の予行で全校生徒が校庭に集まった際に、どうやら誰か麻疹キャリアがいたらしく、その時にうつされたもの。同じクラスの男子も同期間に麻疹で出席停止だったそうな。(各学年で数人ずつ掛かったヤツらがいたらしい。)
 尚、私の3週間後にお約束のように妹くんも麻疹発症。着替え用パジャマも含めて、看護用品は一通り妹くんへスライド利用。
 その後、妹くんはシンプルな柄のパジャマだけ「自分のもの」として奪い、藤城の手元にはこういうカワイイ柄の物だけ残ったのでした。そんな牛さん。

 この冬は「おたふくかぜ」流行の兆しがあるそうです。
 えーっと……実はそれもやった記憶がないんだが。更には麻疹よりも昔、妹くんが掛かった後に私は何故か発症しなかった。ただし、「やった」という記憶も記録も皆無。キャーッ。((((((゚Д゚;)))))



包丁  写真ついでに。

 母上様が包丁を購入。(小さめのやつ。重いけど。)
 箱入りで中には説明書付き。

包丁の説明書き  当たり前のことだが、シュールな現実。
 嫌な世の中になったもんだ……。



A4サイズが入ってます  「素材辞典」のCD-ROMのユーザー登録をすると、年に何回か素材辞典のカタログ+デザイン系ソフトやフォント、書籍の購入パンフレット(ちょっと割引で購入出来る)が送られてくるのですが、今回届いた封筒がいつもと違う。いつもはビニールの透明な封筒なのに、今回はプラスティック製で何か変だな〜と思ったら。

封筒の上の説明書き  「OPEN ミシン目に沿って切り離すと、クリアフォルダとしてご利用になれます」

見覚えのある形に……  うおーっ! すげーっ! ホントだ、捲れるようになってる!(人´∀`).☆.。.:*・
 これは素晴らしい封筒だと思います。ええ、実用的で。
 ……このパンフレットが届いて何かを注文したことはないけど。(オイ)



 そういえば先週、久しぶりに吉祥寺へ行ってきたのでした。眼科が目的で。いや〜、眼科に行くのも一年ぶりで。(オイ)
 長〜い夏休みなんで、コンタクトを入れるのも月に2、3回。なのでトラブルもなく、金もなく。でも、メルスプランで1年毎に新品に交換出来るので、毎月金払ってる側としてはちゃんと使わねばと。(正直、今の状態だと年に2万払うメルスプランは必要ないっちゃないんだが、誤って割ったり欠けたり、マスカラとかで汚しても無料交換して貰えるので、「コンタクトを雑に扱ってもいい保険」だと思って入ってたりする。)

 メルスプランとの関係で、メニコン吉祥寺の隣にある眼科に掛かっていたのだが、実はこの8月に、コンタクトで昔からお世話になっていたO眼科(メニコン吉祥寺と組む前の、さくらやメガネKAN吉祥寺店があった頃からの付き合い)が撤収して、新しくI眼科が転入したとのこと。O眼科、コンタクトの検診メインだけど、アレルギーとかも見てくれた先生だったから信頼してたんだが……。(コンタクト検診メインの眼科の中には、医師免許は持っているものの、眼科が専門ではない先生も多数いるのが現状。)
 それなりに信頼していた先生が代わっちゃうのも嫌だが、カルテとか、どーなってんのー……。最初から作り直しだと、それはそれで面倒なんだが。(ちなみにいなくなったO眼科の先生が何処へ行ったのかは不明。)
 そんなこんなで、やや困惑しながら辿り着いたT眼科。事前に調べたところ、武蔵野市の医師会にもちゃんと所属してるし、角膜関係のサイトで名前が検索に引っ掛かった先生なので、まあ、眼科専門医であることは確かだ。
 眼科に着いて思わず吹き出したのは、内装のほとんどが「そのまんま」だったことです。そーだよな。だって前も眼科だったしな。
 これで「スタッフまで一緒だったらどうしよう」と思ったものの、さすがに皆さん別人でした。しかし、受付の背後にあるカルテ棚に並ぶ、何となく見覚えのある、且つ使い古した感のあるカルテの一群は……。

藤城「えーっと、コンタクトで前にここにあったO眼科に掛かっていたのですが……」
受付「定期健診ですか?」
藤城「あ、はい」
受付「O眼科の診察券と保険証はお持ちですか?」
藤城「はい」
受付「初診なので、こちらの紙にご記入をお願いします。終わりましたら、順番にお呼びしますので、そちらに腰掛けてお待ち下さい」

 ……で、渡された紙に記入しながら受付のお姉ちゃんを見ていたら、棚から出てきたのはすんごく見覚えのあるカルテ……って、O眼科で使ってたやつですねーっ!Σ(・ω・ノ)ノ やっぱりカルテは引継ぎですねーっ! 個人情報だから微妙な気分ではあるが、面倒なことを端折れるのはありがたい。
 ちなみに渡された紙は、過去の病歴や薬の服用の有無などを聞かれるお約束のものです。お約束の物なんですが……個人的には結構困るんで嫌い。(;´Д`)
 実は診療科目によっては薬の服用の点で絡んでくるので、昔、病気したときの件を書く羽目になるのです(完治はしているのだが念のために)が、病名書いてもその病名自体、専門医じゃないと分かんないだろーっ!……って思うのさ。そんなわけで毎回「どう書こうか」と悩むんですがのう。……しょうがないから、大雑把に書きました。だって眼科で必要ないはずだし。(ちなみに前回は去年の1月に鬱診断された心療内科の初診時。この時は病名でちゃんと書いた。)あと今回は、薬服用中ですからね。バリバリ現役で。それもちゃんと書いた。……この紙、フリーアンサーを書く欄狭いよ。受付のお姉ちゃんよ……。

 一通りお馴染みの検診をして、度数も何もかも変更がなかったので前回と同じ物で更新。そしてついでに角膜組織の写真も撮られました。……これは前のO眼科ではなかったな。
 その後、この眼科の大ボス……じゃなくて眼科医I先生の診察。えー……とても物腰が柔らかく、丁寧なおっちゃんでした。いい先生でした。角膜組織の写真見て、「傷一つなく、非常に理想的な形をした、綺麗な角膜です」とのこと。……いやー、照れちゃうな。(←それは違うと思うぞ。)

 えーっと……コンタクトの定期健診って、この4月から保険が利かなくなるとかって話なかったっけか?
 今回、思いっきり保険適用で1,400円弱で済んだんだが。……まあ、いっか。

 …………………………。Σ( ̄д ̄;)
 先生ーっ! 最初に受付で書いた紙の説明は要らないんですかーっ!(説明しようと思ったのに忘れてた。)

 その後色々と買い物しまして。主に本屋だが。あとは来年のカレンダーとか、来週の結婚式用のご祝儀袋とか。
 散々ウロウロして疲れ果て、家に帰ってから一つ重大なものを買い忘れていたことに気付きました。

てんちゃんが抱えているのと、右に映ってるボール  てんちゃんのボール買ってくるの忘れたーっ!

 実は最近お気に入りの黄色と白、緑と白の組み合わせの2個のボールがあるのですが、そのボール、実はインコ用ではなく、吉祥寺にあるペットショップ……というか、犬専門店で見つけたものだったりします。散々遊び倒して壊れてきたので、そろそろスペアが欲しいところだったんだが、すっかり忘れてました。てんちゃん、ゴメン……。( ̄人 ̄;)



 何かいっぱい書いたはいいが、思い出話ばかりのような気がしないでもない。
 暇潰しくらいにはなるでしょう。うむ。(誰のだよ。)



2006年10月15日(日)

 先週のJ・GARDENのあと、何していたかっつーと、別にぶっ倒れていたわけではなく、「一人『RENT』強化週間」だっただけです。



 とある日曜日の夜。

妹くん「お父さん、(テレビ見て)大ウケしてるよ」
藤城「(ちゃんと聞いてなかった)……え? 総受け?」
妹くん「自分ちの親父を総受けにしてどうするーっ! ヽ(#`Д´)ノ┌┛====┻━┻」
藤城「Σ(;´Д`)違うのよー。ちゃんと聞いてなかったから、自分の中で『○○受け』が勝手に変換」
妹くん「貴様の中では『総受け』が最優先変換かーっ!」
藤城「それが腐女子っても……(#`Д′)σ)))∀T)……ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ……」

 ……いや、ついさっきの話なんだけども。orz



 J・GARDEN〜。
 朝っぱらから自分の中で大混乱しながら、いつものようにサクラダくんと合流し、池袋駅で迷子になった早水ちゃんを拾う。……やっぱりね、必要な部分はしっかり確認すべきだと思ったよ。うん。勝手に思い込んだ自分も悪いが。
 てくてくと歩いて会場到着。そして準備して開場。基本的にまったりと。予告通りこーんな( ゚д゚)顔して座ってました。なんか……回を重ねる毎に混雑してくるような気が……。
 前回って何したっけ?と思ったものの、20回の記念イベント目白押しでスタンプラリーとかやってたっけね。なんかあの時の異様な熱気に比べたらまあ、涼しいかなと。
 ご飯食べて私以外が微妙にブルーになり、まんがの森に寄ってガッツリ買い物……をしたのは私だけだったな。そういえば。なんかほわーんとした1日でした。ハイ。

 この帰りに「最寄り駅で4日に出ていた『RENT』のDVDを買おう!」と、意気揚々と改札を出て約10歩ほど歩いたところで何者かに捕獲され、予想もしなかった展開に大パニック。捕獲した本人はこっちのテンパリように笑ってました。
 めっちゃ地元の友達でした。2、3週間前に飲んだがな。彼女は語学留学から帰ってきて、最近、某ホテルのフロントの仕事を始めたのだが、たまたまこの日は休みだったらしく、地元でお買い物をしていたらしい。
 友人の結婚式のご祝儀の額だの何だのと、超現実的な話を10分くらいして別れました。いやあ……うん。マジでビックリしたよ。イベント帰りだから尚更な。実はいつものイベントのようにカートを持っていたのだが、畳んで大きい鞄の中に入れていたので怪しまれず。ホッ……。
 その後、「RENT」を買って家に帰る。……その後も色々あったのだが、まあどうでもいいことで。



 通院日。ちゃんと保険証を持って。(笑)

藤城「とっても相変わらずな感じです。もう一歩ってところなんですよね。何かしたいって思うんですけど……」
先生「そう。眠れてる?」
藤城「イマイチ眠れてませんっ!(無意味に大威張り)あと、些細なことでブルーになったりします。季節の変わり目だからかな〜と思うんですけど……(´・ω・`)」
先生「ああ、そういうのもあると思うよ。薬は問題ありますか?」
藤城「いや、今のところ何も問題ないですよ」
先生「うんうん。じゃ、前回の続きってことで、更に突っ込んでみるか〜」

 ……あり? お薬増えてるよ……。(´・ω・`)

 この日はいつもより予約時間が遅く、診察時間が完全に夕方。診察終わって、さて会計窓口に……と思ったら、普段使う正面会計窓口が「午後5時まで」という作業終了時刻に引っ掛かってしまったので使えず、滅多に行かない救急窓口へ回る羽目に。
 予約診察終了者の会計待ちと、救急搬送の受付と、病室の面会の帰宅者が狭い空間に入り乱れて何がなんだかさっぱり分からん。(面会者はたまたまそこが通路になっているだけなんだが。)自分が名前を呼ばれても、本当に自分なのか確認するために、窓口の人が二度三度呼ぶのを待ってみたり。
 更には、救急受付窓口があるんだから、すぐ横に救急搬送口が……と思ったら大間違いで、ただ今この病院は増築&改修工事の真っ最中。(全工程終了予定は平成21年。工事は6月に始まったばかりです。)救急搬送口は閉鎖中。出入り出来るのは、病院の正面玄関……も工事中で使用不可なので、臨時で作った出入り口(元の正面玄関から約10m離れたところ)で。
 なんか無意味に病院の中をぐるぐるしてました。ああ、スーツ着たMRさんたちがいっぱいウロウロしてましたな。製薬会社の。(MR=Medical Representative:医薬情報担当者)藤城さんのお目に適ういい男は見当たりませんでしたが、最近ちょっと不足気味だった成分「スーツ姿」の、目の補給をさせて頂きました。(何してるんだ、お前は。)



 一人「RENT」強化週間。ワーイ。ヽ( ゜∀ ゜)ノ
 現在発売されているのは「Deluxe Collectors Edition」という、2枚組のやつなのだが、これは1枚目に映画本編と監督&キャスト(クリス・コロンバス、アンソニー・ラップ、アダム・パスカル)の音声解説。そして2枚目に未公開シーンと「『RENT』誕生の軌跡」という120分のドキュメンタリー集が入っている。(他にも入ってるが「RENT」に関係ないので無視。)

 ジョナサン・ラーソンって人は……。ご健在だったら、もっと面白い作品が見られたんだろうな〜と。それが残念。でも、そしたら「RENT」そのものも今とは違った形になっていたかもしれない。
 でも、ドキュメンタリー集の中で彼、ジョナサン・ラーソンについて語っている人達の中にはきっと、今も彼が存在しているんだろうなという感じがした。亡くしてしまったことをとても悲しんでいるんだけど、温かいのよ。みんな。
 また、ジョナサンが残した「RENT」という作品を、ジョナサンの両親と姉が「息子・弟が望むように、望む形で」と、一生懸命に、本当の意味で一生懸命に支えている姿が印象的。ジョナサンの両親が、「RENT」のキャストたちからも「パパ」「ママ」と呼ばれているのは、本当に凄いね。なかなかあることじゃないよ。うん。また、キャスト達の仲がいいのもね。リハですらも楽しそうに見えたさ。

 映画本編を見ると、実は後半部分に若干「ん?」と思う部分があったし、実際、後半の進み方って色々と端折り過ぎてる感があるのだが、「未公開シーン」を見て納得。収録されていたのはほとんど後半部分だったという。そのせいで、作品内におけるベニーの立場がちょっと可哀相。悪役にしか見えん。(´・ω・`) 本当はロジャーやマークと、心の奥ではちゃんと友達でい続けているのにね。

 「RENT」の見過ぎでここんところずっと、頭の中でミミが「OUT TONIGHT」を歌いながら腰振って踊っている。何故腐女子の頭ん中でナイトクラブのダンサーが半裸で踊りますか……。orz

 ところで、監督のクリス・コロンバスって……布施明に似てるような気が。(え、これオチ?)



 えー……もうちょっと「一人『RENT』強化週間」してきまーす。(*´Д`)



2006年10月7日(土)

 国保の保険証の有効期限が9月30日だというのに、一向に新しい保険証が届かない。来週はまた通院だというのに。

藤城「……保険証が来ない……(´・ω・`)」
母上様「えー、市役所からは発送されてるよ?」(←郵便屋さん)

 保険証を確認してみました。確かに9月30日までです。平成19年の。

藤城「……今年って平成何年?」
母上様「平成18年

 ……そりゃ来ないがな。orz
 とりあえず「間違えちった。(≧▽≦) 来年だよ、来年!」と報告したら、「(*′∀`)σ)∀`)」されました。……全力で。
 (*′∀`)σ)))∀T) イタイよママン……。



 J・GARDEN。三連休の最終日。明日……じゃなくて、明後日か。
 とりあえず新刊はない方向で。orz
 ついでに既刊、「恋に落ちる法則、恋に落とす策略。」は在庫切れで販売終了な感じで。
 ぼちぼち「Romantic Garden」も終了の方向で。
 …………新刊は、いつになったら出るのかな〜。予定だけは10冊以上立ってるんだけども。
 自分の中ではもう一押し、二押しなんだけどもね〜……。これがまあ、目処が立たないところで。こういう時に「ああ、鬱なんだな〜」と思ったりする。いつもはただのアホですが。……あと、連日の雨で強烈に低空飛行な時。(&季節の変わり目。)

 まあ、アホ面引っ提げてボー( ゚д゚)……っと座ってます。当日は。
 さて、えーっと……何を準備すればいいんだっけ?(考えてみれば、今年はイベント少な目だわさ。冬コミ落ちたら、今年のイベント参加、最後になっちまうだわさ。)

 ああ、そうそう。在庫はいつもお馴染み、クロネコのAちゃんが担いで行ってくれました。荷物見て「いつものですね。1,370円です」って即言われたよ。あはははは〜。
 ……だが「いつものですね」発言より、その時対応した自分、「ピンク地に牛さん柄のパジャマのズボン姿」だった方が数倍恥ずかしいと今気が付いた。(遅いよ。)冬場だとフリースのパジャマだし、夏場はTシャツに膝丈くらいの無地のハーフパンツだったりするからいいんだけどもさ、今みたいな中途半端な季節って、上の「牛さん柄」とか、「青地にワンちゃん柄」とか何故かそういうパジャマ着てるな〜。
 …………いや、ちょっと、何でそんなもんばっかりなんだか考えてくる……。orz



 ふふふさんのBBSへのカキコでFirefoxを1.0から1.5にVerUPしたのはいいが、うっかり上書きしてしまい、Ver1.0を失う。
 比較したかったので「Oh my God!」状態で、「誰かVer1.0の圧縮ファイル持ってたらちょーだい」……と書こうと思ったら、パソコンの中にありました。
 いやしかし、後生大事にとって置く自分も自分だが、落としたソフトの圧縮ファイルって……名前変えなきゃ何がなんだか分からなくなるよね。ちなみにちゃんと確認してみたら、ネスケ、Opera等、ブラウザだけでバージョン違いも含め、13種類もありました。(遠い目。)



 ……これ書きながらいろんなことしてたら、ワケ分からなくなってきた……。orz



更新履歴:
「CELESTIAL ROOMS」
 10月J・GARDENの予定追加。
 在庫状況更新。



2006年10月3日(火)

 本当はもっと早く更新しようと思ったんだけども……。



「コミックマーケット準備会米沢嘉博代表、重病のため代表退任」
 何ーっ!! Σ( ̄д ̄;)

って思ったのが9月30日のことです。そしてまさか、翌日の10月1日にこんな訃報を目にするとは思ってもいませんでした。

「訃報
 コミックマーケット準備会代表・有限会社コミケット取締役社長 米澤嘉博 儀 肺癌のため10月1日午前4時40分 逝去いたしました(享年53)」

 冗談でしょ? 冗談に決まってるじゃん。だってついこの前の夏コミの会場にちゃんといて、マスコミの取材にいろいろと応じてたんでしょ?
 でも翌日の新聞に写真入で見つけてしまいました。死亡記事。

 ウソだーっ。お願いだから誰かウソだよって言ってーっ!! ・°・(´д`)・°・

 コミケの存在を知った時も、コミケに参加するようになった時も、コミケの代表といえば米沢さんでした。
 コミケ過渡期から様々な問題が発生し、それを回避してきた方が米沢さんだと思ってました。一昨年のイワエモンのご逝去もショックでしたが、まさか今度はあの米沢さんがご逝去されるとは……。うわーんっ。・°・(ノд`)・°・
 イワエモンと同じ肺癌だそうです。53歳なんて、うちの親より若いじゃないか。何で、何で、何でそんな若さで……。
 とうとう米沢さんに遭遇する機会は恵まれなかった。一度お会いしてみたかったです。(イワエモンは亡くなる数年前に偶然見かけたことがあった。Dr.モローの似顔絵そのままで感動した。)
 この夏のパワパフの件も「そんなに心配することないでしょ」的なスタンスで、実際に全く大した状況ではなく済んでホッとしました。それどころか「やっぱりすげーなー、この結果を見越していたのか……」とまで思ってた。ただもう、夏コミの時点で病院に入院されていたらしいですね。病院が抜け出して、準備したり、コミケ開催したり。

 月曜日に冬コミの申込の受付確認ハガキが届きました。その日の新聞に米沢さんの死亡記事が出ていました。
 会場が晴海から有明へ移動し、開催の度に導線が変わり、環境が変わり、数々の問題が発生しても、コミケが毎回開催される。そのことの凄さを改めて感じます。そしてこれだけ巨大化したのだから当然なんだが、準備会のシステムはちゃんと回っているんだと感動しつつ、それを作り上げてきた方を亡くした寂しさに悲しくなったり。

 米沢さんにイワエモン。コミケはまだまだ、地上でも空の上でも続くんだろうなぁ……。

 私達が大切に思っている場所を作ってくれて、そして守ってくれてありがとうございます。

 今はただ、本当に「ありがとう」の気持ちを伝えたいです。



 妹くんがここのところ必死にゲームをやっているので、一体何をしているのかと思ったら。

藤城「……もしかして○○系(シリーズもの)のゲーム?」
妹くん「Σ( ̄д ̄;)……何で分かった!?」
藤城「いや、お前がやるにしては地味な絵柄だから、何かの続き物だろうなと。するってーと○○系かな、と」
妹くん「それで分かったアンタはスゲエよ」

 スゲくねぇよ。お前が単純なんだよ。
 妹くん、クスエニのFF系の絵柄というか、まあ、割と画面が華やかな感じのRPGを好むのだが、最近画面に映っているゲームの画面が暗くて、絵柄も地味〜な感じだったので、過去にやったゲームの中からすると……まあ、そのゲームくらいしか思い付かないんだが。



 「親父様Love」なてんちゃん。一方、親父様はてんちゃんに捕まる(正確には「ロックオンされる」)と「構って構って〜」としつこいので、気が向かないと相手をしない。
 てんちゃんがどれくらい「親父様Love」かというと……。
・普段は暗い玄関は嫌いなのだが、親父様が帰宅して玄関から声がすると飛んでいく。(もしくは「連れてけ」と人をガン見。)
・ボールに無心に求愛中、他の人間が「てんちゃん」と声を掛けても反応しないが、親父様の声がするとピタッと止まる。
・他の家族の屁の音には反応しないが、親父様の屁には、夜、カゴにタオルが掛けられて暗くされていても「ピヨッ!」と反応する。(何故?)

 ちなみに藤城の姿を見つけたてんちゃんの行動。
・目が合った瞬間から忙しなくカゴの中を走り回る。(多いのは止まり木の左右に行ったり来たり。)
・カゴの手前にしがみ付いて「ギギギギギギッ」と鳴きながら頭を上下に振る。(結構怖くてウルサイ)
・うっかりカゴに近付こうもんなら、人の傍にきて「ボク、カワイイでしょ? 一緒に遊びたくない?」とでもいうように、可愛く首を傾げる。(←思い込み過多)
 うっかり騙されてカゴの扉を開けようもんなら、ボールに向かって一目散。藤城は無視。orz
 ボールに辿り着いた後、ボールを持って藤城の傍に来るが、その態度は「はい、このボールを手に持って!」。(人の手のひらの上でボールに求愛するのが大好きらしい。)

 …………てんちゃん…………。キミをペットショップで最初に見初めたのは私だよ…………。orz



Diary Top
Diary Top
2006年09月分
Back
2006年11月分
Next



Hr22a-Brown Terrestrial Garden - Top Hr22a-Brown

Copyright (C) Since 2002
Shiho Tojo/Terrestrial Garden/CELESTIAL ROOMS
All Rights Reserved.