TerrestrialGarden Top > Diary > 過去を放り込んだ倉庫 2007年07月分


Diary

過去を放り込んだ倉庫
2007年07月分


2007年7月31日(火)

 寝ようと思っても3時間くらい眠れず、暗闇の中をのた打ち回る日々が続くのも飽きました……。orz
 そして相変わらず短時間睡眠な日々。ちょっと前に飲んでいたトリプタノール復活。1錠で10時間睡眠保証。(何のこっちゃ。)「1錠3時間睡眠」は何処へ行った……。
 ……そんな7月上旬。

 そんなわけで7月の通院時に薬の飲み方を変えてもらったら、ドクマチールの副作用がチラホラと出てきました。ようやく。
 再びスヤスヤと眠り続けること、えー……。体の方にも色々とな。食欲があるのもそのせいか。(ドクマチールは元々胃腸の薬として開発されたので。その後鬱に効果があることが分かって使われるようになった。)まあ、副作用を認識出来れば、体重は自分できちんとコントロール出来るもんだから。食わなきゃいいんだ。要は。……それが難しいんだが。(オイ)



 6月末のあれこれ。

 何かあったっけ〜?……と思いましたが、久々に友達と地元で飲んだっけか。(酒は飲んでないが。)
 5人集まって、6月は内3人が誕生日なので、そうではない私(誕生日は10月)と、もう1人の子(誕生日は3月)の2人でこっそり画策してケーキを用意する。(私は当日、ケーキ屋から飲む店までケーキを運んだだけの体たらく。ケーキの手配から、持込する店への予約、許可等々は全て友人がやってくれたさ。)  とりあえず喜んでくれたので良かった良かった。
 あー……店の従業員の兄ちゃんが中学の後輩だったとか、ノリのいいエクステバリバリに付けてた店の姉ちゃんと、同じ干支なのに歳が違うとか、色々と衝撃の事実に出会いつつ……。地元で飲んでりゃ、そりゃ後輩に出くわしてもおかしくないか。



 7月のあれこれ。

 Macドナドナ。
 壊れたMacちゃんがモニタを購入する前日に、郵便局にドナドナされていきました。前日に電話した際に「20kgの大物です」と予告したにも拘らず、取りに来たのはどう見ても還暦過ぎた爺ちゃんでした。(後で母に聞いたら、「ああ、今本局のゆうパック配達班、あんなのしかいない」だそうで。)デッカイ荷物持って階段をえっちらおっちら降りていく音をドア越しに聞きながら、「途中でもの凄い音とか悲鳴とか聞こえたら、やっぱり助けに行かなければならないんだろうな」と思いながらドキドキする恐怖の5分間。……まあ、無事、何事もなかったようですが。

 その前の晩、「ハードディスクは壊しとけ」というお触れ書き……じゃなくて注意書きのために、久々にMacの中を開ける。……ほ、埃が……。
 あー……背面部開けて、マザボ引っ張り出すくらいに、簡単に終わると思ってたんですけどね。ハードディスク引っ張り出すのも。だが、いかんせん「manufacture 1996」とか書いてありましたからね。当時は今みたいな処理方法になるってことは考えられなかったでしょうからね。マザボはメモリ差すために簡単に外せても、ハードディスクはそう簡単に出て来てはくれませんでした。  ……ええ、ガッチリ嵌っていやがった。素人が取り外すことを前提になんか設計されてません。どう考えてもされてません。結局、土台となっていたプラスティック部を破壊して取り出したさ。……取り出しただけで力尽き、「まあ、これがなければ情報流出とか関係ないし」ということで、何故かこれだけ手元に残るに至る……のだが、えー……肝心なその手元に残ったものは何処に行ったっけ?(ダメじゃん。)



 モニタを購入。元々狙っていたのは三菱の「MDT197V」だったのだが、購入するちょっと前に在庫完売状態になったらしく、何処に行っても既にない……。orz
 同じ三菱の「MDT197S」だと光沢画面(グレアパネル)で、パッと見は華やかで綺麗なのだが、何時間も画面を見続けるには向いておらず、事前に、実際に実物をじーっくり見た妹くんも「パッと見だけだね」とのこと。ってか、「モニタにもメーカーでこんなに差があると思わなかった」とか。オイオイ、だいぶ違うよ。モニタも。その辺が価格にも表れているんだが。
 私が事前に調べた結果、三菱かNANAO(EIZO)のモニタが候補だったのだが、予定の三菱のモニタがないのでNANAOに変更。だが、元々インチ数単価から考えると、NANAOは高い。(だが、いい。)

 新宿のヨドバシ西口本店に乗り込んで、値切る気満々な藤城と妹くん。価格の下調べもバッチリ。My電卓持参。(超嫌な客。)
 狙いは「FlexScan S1911」か「FlexScan S1921」なんだが、妹くんが見た感じは後者を気に入ったものの、いかんせん売価が「54,800円」と「59,800円」。店員さんを捕まえて「予算が厳しくて……」から始まって、何処まで下げられるか様子を見たものの、早々と後者を断念。「54,800円」の「FlexScan S1911」で勝負。
 店員さん曰く、「ポイント分(10%)まではさすがに無理」とのこと。まあ、NANAOのモニタって、もともと高いし、何処の店、何処のサイトを覗いても割引率が極端に低いので、そんなに値切れないと思ってはいましたが、最後、500円単位の攻防戦を繰り広げた結果、「ポイント付けないで50,000円」まで至りました。

藤城「……ヨドバシポイント3,000ちょいあるんだけど、使うのOK?」
店員「あー……まあ、OKです」

 そんなわけで、現金で払ったのは47,000円弱。店員の兄ちゃんに「確認取ります」と2回もその場を離れさせたし、事前に調べた通販サイトでも最安値が49,000円ちょい(送料込)だったので、頑張った方でしょう。(ちなみに「FlexScan S1921」は55,000円が限界だった。それだと予算を激しくオーバー……。orz)
 液晶本体の色は黒が良かったのだが、白(セレーングレイ)しか在庫はないという。だが、調べたら「( >д<)ノ 倉庫に1台だけ黒がありました!」と走ってきたので、「兄ちゃん、エライ! ありがとう! ( ≧▽≦)ノ」と思わず叫ぶ。(ついうっかり……。orz)

 まあ……一番頑張ったのは店員の兄ちゃんだと思うよ。うん。(実は私らの前の客も、兄ちゃんと10分くらい値切り交渉してた。)

 ドット欠けが一箇所あったのだが、幸いにも右上部で、何か作業するのに全く支障ないという素敵なところでした。(メニューバーが出てくる辺りだが、大抵は項目すら出ていない端の方。普段は欠けてることすら忘れます。)



 本体到着は意外に時間が掛かって、発注から2週間後でした。「7営業日目出荷」だったハズなのだが、2回ばかりリスケ喰らって気が付けば2週間。まあ、注文が集中して、パーツの入荷待ちとかあったそうなのでしょうがない。
 結局BTOで、送料、その他、丸っと込みで10万ちょい。
 CPUはIntelのCore 2 Duoではなく、AMDの「Athlon 64 X2」にしました。「4800+」。個人的にはもうちょい上の5000番台を載せたかったんだが、予算的にこれが限界。まあDual Coreなんで、Core 2 Duoにも劣らないかなぁと素人考えで思ったので。(Core 2 Duo、ちょっち高かった……。)
 マザボが「BIOSTAR TF7050-M2」に、メモリを2GBがっちり積んで〜。マザボからすると更に2本メモリが増やせます。(とはいえ、OSがXPなので、4GB分積んでも3.2GBくらいまでしか認識してくれないらしいが。)あとは250GBのハードディスクにマルチドライブ。
 静音ファンにしたので、思っていた以上にうるさくないし。(むしろ私のVAIOのファン音の方がうるさいという説もある。orz)
 ハードディスクとマルチドライブとカードリーダーくらいしか付いてないので、まだまだ拡張の余地はあります。ケース内のスペースも、マザボのポートも。(グラフィックボードもOK。)これで10万だからねえ。メーカーパソコンだとこうはいかない。

 しかし……今回、結構勉強したなぁ。未だよく分かってないが。でも、ちょっと楽しかった。パーツ単位でパソコン弄る人の気持ちが分かるわ。基本オタク属性だから。(笑)
 一から組むのはちょっと無理だがな〜。

 とりあえず今のところは特に問題もなく。(セッティングは2日で終わりました。良かった、良かった。)
 ……あえて問題を上げるとすれば、使う本人が扱いきれていないのが一番の問題です。(ダメじゃん。)いや、これ、私のパソコンじゃなくて、妹くんのパソコンだから。



 セキュリティソフトは結局、ノートン先生ではなく、カスペルスキー先生にお願いしました。とりあえず、新しくやってきたパソコンと、私のパソコンに試用版(30日限定)を入れてみました。(パッケージ版も既に用意してあるんだが、とりあえず1か月タダで使い倒してからにしようかと。)

 スキャン作業時間が凄い。いろんな意味で。
 電源を入れて1時間程度の新パソコンでは、全スキャンがわずか30分で終了しました。(中に色々突っ込む前だったので、その時点でOSとOffice、マルチドライブのソフトくらいで、1GBも入ってないから当然。)
 一方、既に3年使用、C、Dドライブ合わせて50GBびっちり詰まってた私のVAIOちゃんは丸1日掛かりました。この「丸1日」、よく言う「いや〜、仕事で丸1日潰れちゃったよ」とかいう、実質半日のことではありません。実際にスキャンに掛かった時間は「25時間」です。……いやぁ……正直、「このまま一生、スキャンが終わらないんじゃないか」と思ったよ……。
 ノートン時代、スキャン作業って掛かっても3時間程度だったわけですよ。それが25時間掛かるって、一体どういうことだろうと。カスペルスキー先生は一体何をスキャンしているんだろうと。そしてノートン先生は一体何をスキャンしていたんだろうかと。考えれば考えるほど深みに嵌っていく感じです。

 まあ、最初のスキャンは驚くほど長いのだが、その後はそれほどでも。ノートン先生は「NIS 2004」でしたが、今載せてる「KIS 6.0」はそれより軽い感じがします。アイコンクリックしてウインドウが出てくる反応速度は明らかにノートン先生よりも早い。2004年発売のノートなのに。(CPUはCelelonM、メモリはドサクサ紛れに1.5GBにUPしたVAIOちゃん。)そしてスキャン作業は途中で止めても、次回は止めたところから続けてくれるので、余計な時間は食わない。メシ食ってる間とかに、気軽にスキャン掛けられます。(そして気軽に止める。←ダメじゃん。)
 あと、電源入れてからの起動時間が短くなった。これは確か。

 扱い方が違うんで最初は戸惑うけど、使っているうちに何となく分かってくるので、思っていたよりも小難しくなかったな〜。
 今の時点では「カスペルスキー先生に乗り換えて正解」という感じ。当分このまま使ってみます。(3年前のノートでも軽く感じるのは意外だった。そういう意味では優秀。ノートンは遅くてイライラしたんで。)



 7月のてんちゃん。
 「やっしょ〜まかしょ、しゃんしゃんしゃん」がすっかりお気に召したようで、そればっかり言ってますが、てんちゃんにはナイスなアレンジ能力をお持ちでして。

「やっしょ〜、まかしょ、どっこいしょ!」

 ………………………………。orz

 だからさー……誰も教えてないっすよ。「どっこいしょ」は。そもそも、普段もそんなに言わないし。
 とりあえず、てんちゃんの言語能力より先に、笑い転げた飼い主の腹筋が鍛えられる気がします。
 いや〜、凄いな。インコって。こんなに喋るのかっつーくらい喋りっぱなし。インコ飼い暦20年以上なるが、こんなに人語を喋る子は初めてです。……意味が通じてないが。



 最近ようやく気が付いたんだが、まあ、一日の半分は寝ているせいもあるし、パソコンを立ち上げる時間もそんなに多くないっつーのもあるのだが、日記を書いて、書きっ放しでそのまま放置しているから、なかなか更新されないんだな。うむ。(今回の日記も気が向いたときに書いて放置。……いやはや。)



 夏コミの予定は……えー……もうちょっと待て。



 基本的には問題がない限り放置なんだが、何か久々にアクセスログを見てみたら、結構新しいところからリンクされてて驚いてみたり、感動してみたり。
 ……更新してないから、何があるっつーわけでもないんだけどさ。
 日記以外のまともな更新って、ちょっとまだ難しそうなんだけどもさ。
 まー、人が呆れるほど気長にやっておりますよ。……いやん、サーバの更新のお知らせが来た。orz



 他に書こうと思ったことがあったはずなんだが、日記を立ち上げたら忘れてしもーた……。
 8月はもう少し小まめに更新してみたい。(他人事のような呟き。)



Diary Top
Diary Top
2007年06月分
Back
2007年08月分
Next



Hr22a-Brown Terrestrial Garden - Top Hr22a-Brown

Copyright (C) Since 2002
Shiho Tojo/Terrestrial Garden/CELESTIAL ROOMS
All Rights Reserved.