TerrestrialGarden Top > Essay > 女の会話


女の会話



「最近、どーよ?」
「相変わらずだよ」
「色気なし。いい男いない?」
「いたら紹介しないで自分でゲットするよ」
「確かに」
「あ、ちょっと聞いてよ」
「何、なに?」
「会社の人でね、好きな人がいたのよ」
「過去形?」
「いや、今もなんだけど、その辺の事情は今から話すから待って」
「ふーん、それで?」
「告ったんだけど、その人、彼女がいたのね。同じ会社に」
「泥沼?」
「いや、違う意味でなら」
「ほーう」
「それでさ、やっぱり断られたのね。『彼女いるし、お前をそう言うふうには見られないから』って」
「へー、まともじゃん」
「そうか?」
「二股掛けるよりマシでしょ」
「えー、でも、それでもいい時ってあるじゃん?」
「お前、あんのかよっ!」
「よく、ご飯食べに連れてってもらったり、おやつくれたりするけど」
「お前の場合は『女』として見られてるんじゃなくて、『ペット』として餌付けされてるだけだよ」
「はいはい、続き〜」
「でね、一回断られたんだけど、その後その人、彼女と別れちゃったのよ」
「チャンスじゃん」
「と、思うでしょ? で、もう一回告ったらさ〜……」
「上手くいったの?」
「いったならこんなところで愚痴ってないって」
「そりゃそーだ」
「で、何て言われたの?」
「やっぱりまた『お前のことは人間としては好きだし、同僚としても好きだけど彼女とかそういう風には見られない』って」
「うわ〜……」
「もう、『どういう意味?』って感じだよね?」
「要するに『妹みたいな感じ』とか?」
「いや、このご時世、『妹』の単語に萌える人種もいるし」
「それ、かなり特殊な部類……」
「どういう意味って、男の立場から考えりゃ簡単にわかると思うけど」
「え、何なに?」
「傷付けないように言葉を選んでるみたいだけど、その男は早い話が『お前じゃ勃たない』って言ってるわけでしょ」
「…………………………………………」
「…………ぶっ……あははははははは」
「ズバリ言いすぎ!」
「ストレートだけど分かりやすいわ」
「わ、私には女としての魅力がないのねっ……」
「お前、落ち込ませるようなこと言うなよ〜」
「いや、慰めたって未練たらたら引き摺るだけだろうから」
「トドメ刺してどーする!」
「いや、でもものすごく相手の男の気持ちが分かった気がする」
「あ、そう? なら良かった」
「でも、お前に男が出来るのは遠そうだね」
「こんなに男心が理解できるのにね〜」
「っていうか、気質が男だよ。アンタ」
「俺の胸でお泣きよ、ハニー」
「それはともかく、相手の男、やっぱりまともじゃん」
「え? どーゆーこと?」
「誰それ構わずって感じじゃないってことでしょ」
「あー、それは確かに。たまにいるよね。『女なら誰でもいい』ってヤツ」
「あー……いるよね……」
「……心当たりありそうね?」
「前に告白された男がね……」
「ん、その話聞いてない」
「いや、別に付き合ったわけじゃないんだけどね。告白されただけで」
「ちぇっ、もっと色気のある話はないの〜っ!」
「人にせがむなよ……」
「自分にないからせがんでるんじゃん」
「威張るなよ」


Hr23a-Brown

Essay

Hr23a-Brown Terrestrial Garden - Top Hr23a-Brown

Copyright (C) Since 2002
Shiho Tojo/Terrestrial Garden/CELESTIAL ROOMS
All Rights Reserved.
counter